ダイアグには出ない故障がある!

シーケンシャルツインターボの修理

シーケンシャルツインターボの修理

治せないツインターボの切り替え不良の修理はありません  ACVの交換をしていないと起こりやすい修理例として  ダイアグには出ないソレノイドの不良があります  理由は、赤印のソレノイドが並列になっているために、片方が切れていてもダイアグノーシスでは、『片方が切れても検出できないから』なのです。  特徴は上の切り替えバルブがIGーONで動いていても、下にあるターボの切り替えユニットが動いていない事。...

続きを読む
FCやFDでブーストが上がらない理由

FCやFDでブーストが上がらない理由

もちろん、ホースの抜けは論外ですがエンジンを守る純正制御においてノックセンサは重要なポジションです。ノックセンサーが溶けているままだとエンジンの通常の振動を異常ともなし、ブーストを下げて点火時期を遅らせます。 詳しい仕組みやトラブルに陥るプロセスはこちらをご覧くださいFC3SやFD3Sにおいて純正の制御のカナメとなっています。 このように、プラグコードが汚れていたら既に末期状態です。...

続きを読む
バキュームホースのさし間違え

バキュームホースのさし間違え

このホースは下にあるツインターボ切り替えバルブにつながっていますが、さし間違えると、 低回転ーツインターボ 高回転ーシングルターボ となり、どの領域でもゼロブーストのように遅くなります。 3人がかりで作業すると必ず見つけることが出来ます。...

続きを読む
ソレノイドバルブが、通電あっても動いてない

ソレノイドバルブが、通電あっても動いてない

ダイアグには出ない。  熱いときに症状が出る。  冷えると出ない  かなり熱いときにはエンジンが不調 通電もあり、カチカチ音がするのだけど・・ ソレノイドの、中を空気が通過してないという症状に遭遇。    FD3S前期の排気ガス系統のソレノイド3つが全滅だったよ  FC3Sのソレノイドなんて本当に通路が切り替わってるのだろうか?   ダイアグには出ない故障の一例 既に26年たってるからね。 FC3Sなら30年だ 部品が出るうちにそろそろ全交換しておいた方がいいだろうね 通電させて、息を吹き込んでも通路が全く変化しない...

続きを読む
ブーストが上がらない症状の立件。No2

ブーストが上がらない症状の立件。No2

前文のブーストが上がらない症状の立件。No1に、気の利いたコメントがあったんだけど、8割正解なんだけどね。。。チクショーもうわかっちゃったのかw 彼のコメントにCCNTという文章があるが、これに注視してほしい なおかつ、この整備書だと症状に原因が結びつかないけれど この中村屋で手直ししたバキューム配管図だと、唯一行きつく原因となりえる原因はどんな原因だろう?...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 9 正圧編!前期の修理ポイント2

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 9 正圧編!前期の修理ポイント2

ソレノイドがボックス化されてない前期は圧倒的に冷却されるので後期に比べてソレノイドが壊れにくい。 前回書いた1型2型ではこのホースが抜けてることが多い。3型ぐらいからは対策としてクリップで止められてる事があり抜けにくくはなっている。 写真じゃ見にくいのが、白いカプラが刺さってる下段の前から2つ目のソレノイド。 上から見ると、このホースの事を指している 上は必ずタイラップで止めるようにしようね! 分解した図に割り振りされたカプラの色を書いておく。よく抜けるのは、下段、前から2番目の白カプラのホースだ...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 6 正圧編!

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 6 正圧編!

これまでの通り、バキューム側の制御ではツインターボの切り替えバルブの作動不良になる原因を書いてきた これらの三つのソレノイドが動いてもそもそも負圧タンクに負圧が貯まってなくては切り替わらないことも書いて、その判断方法も書いた  んじゃ、あとは簡単  正圧さえ確保されていれば、ソレノイド不良やホース抜けがない限り、必ず切り替わるのだ。   ま、、いちおう・・聞いておくか・・  圧力タンクが、いったいどこについてるか?知ってるかな? さあ。。。うまく、ヴォケないと...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 5

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 5

そう、ダイアグに出なくても故障してるソレノイドボックスはある ソレノイドのコイルの抵抗を見る前に見るべきバキュームの貯蔵や、加圧状態のうちそのツインターボの制御構造上絶対に必要なバキュームが  溜まってないその原因は  ズバリこれだ  なんで、こんなに新しいのに壊れてるのかと  切ってみた・・・  パッカーん  え?傘が・・  で正常な状態は  このように傘がちゃんとしまってる。  もう一個壊れたやつ、見てみよう。  ぱっか~~~ん  ほら、、、傘が、、延びちゃってる というか、根元から抜けてるだけなんだけどね。...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 4

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 4

前回説明した通り、バキューム作動側のソレノイドは3つあり一つはACVの上にあると書いた。が、あと2つはどこか?というと、これぞ皆さんが知るFD3S後期16Bit車両故障率が多い悪名高きバキュームユニットの中にある。 この中のソレノイドが壊れると、ダイアグノーシスで簡単に見つけることができるので、これらのユニット交換が訪れて財布を苦しめるのだ。  赤い丸のオレンジ矢印2つがこのユニットの中にある...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 3

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 3

先ほどの話で、バキュームチャンバーが便宜上2本配管になってると書いた・・・が、実車両ではトラブルの解決には整備士にとってわかりにくくなってるので理解を深める為に修正しておこう。 整備書に記載してあるのはこういった画像のはずだ、 正しい実車両の構造を比較するための配管図はこうなる。 この画像から、バキュームチャンバーには負圧が密閉されていることがわかり実作業においてこのバキューム配管を理解して点検するために必要なことは、  ”抜いてシューと音がする事”  ”抜いて口でくわえて加圧はOK  だが吸引しても密閉されている”...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 2

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 2

ツインターボの制御、前回説明したバキューム回路からの説明をしよう。  バキューム回路は、負圧だ。  ブレーキのマスターバックのようにバキューム(負圧)で作動する  エンジンブレーキやアイドル回転で得られる負圧を利用してバルブを引っ張るのが仕事。   この図のとおり、シングルからツインターボへ切り替えを行うときにバルブを引っ張り上げるのだ 負圧というものは、基本的にブーストが掛かる時には発生しないのでツインターボ領域になる前にあらかじめどこかのタンクにためておくことが必要だ。そのタンクが…ここだ。...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 1

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 1

FD3Sでツインターボに切り替わらない多くがソレノイドの故障が原因だが、最近はダイアグノーシスコードを使って診断しても不良箇所が見当たらない場合が多くなってきた  今回は不良個所判定のなかの一つ。  バキュームタンクと プレッシャータンクの役割を説明しながらそれぞれの作動不良について説明しよう。  FD3Sにおいてツインターボの切り替えには、 圧力をかけて維持しコントロールする正圧(プレッシャー回路)と 負圧によってコントロールする負圧(バキューム回路)がある この回路の仕組みや構造さえ理解すれば、   ...

続きを読む
ツインターボが効かない原因は作業ミス

ツインターボが効かない原因は作業ミス

ツインターボが効いてないという言葉がある。  原因はいろんなパイプ抜けやダイアグに出るソレノイドの故障以外に  作業ミスがあるのを覚えておこう。  よく見ると普通に入ってるけれど同じカプラで間違えても刺さってしまうソケットが奥のACVの上にも刺さってるんだ    サージタンクを割るとACVの上にこのソレノイドがある  この配線は要注意。パージのソケットと一緒だから刺し間違えると  ツインターボが切り替わらない。  この配管じゃわかりにくいかもしれない...

続きを読む
ソレノイドってなんで壊れる?

ソレノイドってなんで壊れる?

基本的に、通電による発熱でコイルが焼け切れます。 FD3Sについてるソレノイドは常時ON状態が多く、距離やエンジンの稼働時間で寿命を迎えます。  使ってない。。じゃなくて、キーONで既に通電してると考えてね。 まったく切り替わらない場合は、正圧側のソレノイドユニット(コイル横の黒箱) でも時折ツイン側に切り替わる、安定しない場合は負圧側のソレノイド(ACVバルブの上に単体で乗っています) これらは、ダイアグノーシスでも故障が判別できない場合がボツボツ出てきております。 ...

続きを読む
ツインターボが効かない!?でもダイアグでも出ない!?

ツインターボが効かない!?でもダイアグでも出ない!?

これはみんなで覚えておこうという事例です。 5型、12万kmの車両!ツインターボが効かない!?でもダイアグでも出ない!?  半年前にソレノイドボックスは交換しています。     でも、。 明らかに、ソレノイドが動いてないはずなんです。 1速がツインターボにならない、2速は時折ツインにならない   今日も激がんばりました  原因は、、、コイツでした   ACVバルブの上についてるターボコントロールバルブ!!  正常品は36オーム近辺です  ところが。、。  異常があったソレノイドは500オームでしたw...

続きを読む

アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー