それを知れば必ず治せる!

ツインターボにならなかったFD

ツインターボにならなかったFD

いろいろありましたが原因はこっち。 サージタンクの中だけではなくて、インマニの外側で起こっていました このホースの裏側 表からは見えないところで熱によって割れていました ココが切れていたことによって 空ぶかしや低負荷時には下の切り替えがツインになっていても、加給圧はバルブが閉じていてインタークーラーにいかない。シングル状態であったという事です。...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 9 正圧編!前期の修理ポイント2

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 9 正圧編!前期の修理ポイント2

ソレノイドがボックス化されてない前期は圧倒的に冷却されるので後期に比べてソレノイドが壊れにくい。 前回書いた1型2型ではこのホースが抜けてることが多い。3型ぐらいからは対策としてクリップで止められてる事があり抜けにくくはなっている。 写真じゃ見にくいのが、白いカプラが刺さってる下段の前から2つ目のソレノイド。 上から見ると、このホースの事を指している 上は必ずタイラップで止めるようにしようね! 分解した図に割り振りされたカプラの色を書いておく。よく抜けるのは、下段、前から2番目の白カプラのホースだ...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 8 正圧編!前期の修理ポイント

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 8 正圧編!前期の修理ポイント

そろそろ総集編と行きたいところだけど、圧力タンクの位置がわからないという方がおられたので。。 これが圧力のたまってるタンクだ。 このホースをどっちか抜いたとき、正常ならプシュー。。と圧力が抜ける音が聞こえるはずだよ。 この圧力が抜ける音が聞こえない場合、 下にあるこのチェックバルブ(ワンウェイバルブ)が不良なんだ ホースが抜けてることもおおいよ。 FD3S、前期、後期共にツインターボの切り替えで大事なのはダイアグを通すこと、と、共にその圧力制御の仕組みを知ってハードとソフト両面から追い込むんだ。...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 7 正圧編!

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 7 正圧編!

ツインターボの制御に手を焼く整備士は多いが、故障初期段階においての修理は簡単だ 作動不良を起こしてる車両テスト後、プレッシャータンクのホースを抜いて”シュー”と圧力が出たら配管に問題はないが何も音がしないなら、、、簡単だ。 ツインターボが掛からないときの最も多い修理内容はタワーバーの下にある△タンク(プレッシャータンク)に圧力を貯める回路のホース抜け、もしくはワンウェイバルブの破損だ   ただ、名前がちがうよね? チェックバルブは通過させる空気を片方だけに制限するワンウェイバルブと堅気な整備士は呼ぶ。...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 6 正圧編!

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 6 正圧編!

これまでの通り、バキューム側の制御ではツインターボの切り替えバルブの作動不良になる原因を書いてきた これらの三つのソレノイドが動いてもそもそも負圧タンクに負圧が貯まってなくては切り替わらないことも書いて、その判断方法も書いた  んじゃ、あとは簡単  正圧さえ確保されていれば、ソレノイド不良やホース抜けがない限り、必ず切り替わるのだ。   ま、、いちおう・・聞いておくか・・  圧力タンクが、いったいどこについてるか?知ってるかな? さあ。。。うまく、ヴォケないと...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 5

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 5

そう、ダイアグに出なくても故障してるソレノイドボックスはある ソレノイドのコイルの抵抗を見る前に見るべきバキュームの貯蔵や、加圧状態のうちそのツインターボの制御構造上絶対に必要なバキュームが  溜まってないその原因は  ズバリこれだ  なんで、こんなに新しいのに壊れてるのかと  切ってみた・・・  パッカーん  え?傘が・・  で正常な状態は  このように傘がちゃんとしまってる。  もう一個壊れたやつ、見てみよう。  ぱっか~~~ん  ほら、、、傘が、、延びちゃってる というか、根元から抜けてるだけなんだけどね。...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 4

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 4

前回説明した通り、バキューム作動側のソレノイドは3つあり一つはACVの上にあると書いた。が、あと2つはどこか?というと、これぞ皆さんが知るFD3S後期16Bit車両故障率が多い悪名高きバキュームユニットの中にある。 この中のソレノイドが壊れると、ダイアグノーシスで簡単に見つけることができるので、これらのユニット交換が訪れて財布を苦しめるのだ。  赤い丸のオレンジ矢印2つがこのユニットの中にある...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 3

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 3

先ほどの話で、バキュームチャンバーが便宜上2本配管になってると書いた・・・が、実車両ではトラブルの解決には整備士にとってわかりにくくなってるので理解を深める為に修正しておこう。 整備書に記載してあるのはこういった画像のはずだ、 正しい実車両の構造を比較するための配管図はこうなる。 この画像から、バキュームチャンバーには負圧が密閉されていることがわかり実作業においてこのバキューム配管を理解して点検するために必要なことは、  ”抜いてシューと音がする事”  ”抜いて口でくわえて加圧はOK  だが吸引しても密閉されている”...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 2

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 2

ツインターボの制御、前回説明したバキューム回路からの説明をしよう。  バキューム回路は、負圧だ。  ブレーキのマスターバックのようにバキューム(負圧)で作動する  エンジンブレーキやアイドル回転で得られる負圧を利用してバルブを引っ張るのが仕事。   この図のとおり、シングルからツインターボへ切り替えを行うときにバルブを引っ張り上げるのだ 負圧というものは、基本的にブーストが掛かる時には発生しないのでツインターボ領域になる前にあらかじめどこかのタンクにためておくことが必要だ。そのタンクが…ここだ。...

続きを読む
FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 1

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 1

FD3Sでツインターボに切り替わらない多くがソレノイドの故障が原因だが、最近はダイアグノーシスコードを使って診断しても不良箇所が見当たらない場合が多くなってきた  今回は不良個所判定のなかの一つ。  バキュームタンクと プレッシャータンクの役割を説明しながらそれぞれの作動不良について説明しよう。  FD3Sにおいてツインターボの切り替えには、 圧力をかけて維持しコントロールする正圧(プレッシャー回路)と 負圧によってコントロールする負圧(バキューム回路)がある この回路の仕組みや構造さえ理解すれば、   ...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー