AVCバルブの分解

圧縮が上がらない、戻らない場合

圧縮が上がらない、戻らない場合

いろんな事があり、OHをしても不調だという7が入庫した  排気ガスの問題や、燃費も問題はあるけれど、一番の問題は圧縮だ。  4000km走っても平均、7という平均値。 納得がいかないから、もう一度点検に出すけれど、こんなものですよという返事。 行く当てを失ったユーザーは費用が掛かっても、治したいとおもい中村屋へ駈け込んできた サージを外し、ACVを外す途中にネジの閉まり方に違和感を覚えた。なんかトルクが不均一だ、これはレモンバルブのズレに違いないと直感したが、外してみるとまさしくACVの取り付けミスであった...

パーツフェニックス会議 PP会議

パーツフェニックス会議 PP会議

西日本での天候による被害に会われた方に謹んでお見舞い申し上げたく思います。今朝になり天候災害規模が近年では最大規模であるという事実をテレビで知りました。 その中においても、昨日広島のマツダ本社にてパーツフェニックス会議を行うことができましたが、会議自体は予定の2時間を大きく超えて、4時間にも及ぶ延長会議となりました。  議題の最大焦点はACVです。(ポートエアスピリットエア)  ACVは、REの寿命や車検に最も必要なもの、そして燃費や維持費にも関係する最も重要な補器類です  現在、FC&FDの継続した清算維持に向けて調整中です。...

ACV レモンバルブの交換に際し

ACV レモンバルブの交換に際し

一つ注意点 せっかく外したレモン場ルビの奥にはカーボンが詰まってる パーツクリーナーでよーく洗っておこう。 せっかく変えても、裏側に溜まったカーボンが回ってきたら寿命が半減してしまう  整備士だから交換だけじゃなく原因を取り巻く要因を改善しておこうね ただし、パーツクリーナーを使うとEX側に流れ込むのでそのままエンジンをかけようとするとかぶる場合が多いから、始動時はIGヒューズ抜いて掃気させて気を付けて再始動しようね 今日も風邪だけどがんばています...

レモンバルブ(ACVチェックバルブ)の簡易点検

レモンバルブ(ACVチェックバルブ)の簡易点検

FD3Sで燃費や圧縮が悪化する原因になる排気ガス装置の不調がありますが、レモンバルブやACVの劣化具合を簡単に点検する方法があります。 これらの配管図から、ACVやレモンバルブ(チェックバルブ)の劣化が簡単にわかる方法が導き出されました これを克服すれば圧縮や燃費が改善します 新車でない限りある程度のカーボン逆流はありますが、1000㎞も走らないうちにこんなに汚れるとバキューム配管ミスやチェックバルブの焼損が疑われるのです。...

A/T用 ACV 交換

A/T用 ACV 交換

FD3Sオートマチックトランスミッション車両のACVに在庫がない場合の、対処方法が届きました ポート漏らしの穴の大きさがオートマだと3mmに広げてあるだけなので、5速用をお買い求めの上、ポート漏らし穴を3㎜の霧で広げていただくことによって、5速マニュアル車両のACVがオートマチック車両に流用できます。 後期FD3Sはそのまま3mmのキリで拡大してあげてください 前期FD3Sの場合は、コントロールソレノイドを一度抜いて、3mmのキリであなを拡大してあげてください...

More Post

かようびから現場は

エンジン交換に入りました。 なぜか、3羽ガラスのように。。。 一台の仕事を3人で。 だから、、、2日目にはもう乗っていて その場にあるはずのおろしたエンジンも片づけられている...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。  FD3Sアイドリング不調は前期や後期に限らずスロットルセンサー不調やダイアグコードで拾うことが多いが56番を発することでレモンバルブやACV等の交換を行う事で改善できた。...

インタークーラーを交換したら

馬力が上がりませんでした..  内容は長編で、十分見ごたえのある内容です。  業界を震撼させる内容です。  また、RECHARGEの超高速吸気温度センサーしか、選択肢が無いと言える内容です  センサー開発にはロボット工学や電子工学で有名な〇田製作所の機材で十分テストして作りこまれており、最速の測定時間を誇るエレメントを使用しています。...

実際の吸気温度

データーを見返すと、 `とても興味深いデーターも取れた。(この画面では3つも打ったからややこしくなりすぎるので表示してないけどね) サージタンクの中で起こる乱流は時速数百キロを超える高温、高圧なのだ。  見たいでしょー  そこで、今後、それらデーターのログも表示させることにしよう。  もちろん、純正吸気温度センサーとの比較も行ってゆこう。 ただ、ここで一つ言い訳して謝っておくべきことがある。...

ARCインタークーラー

カーボンインテークで馬力が上がるのか?シャーシダイナモで検証してみました。一番難しいポイントはパーツ変更によるブーストの変化です . 予告編ですが、シャシダイナモでの注意点もあります。3分ほどですので気軽に見てください。  本編を見逃さないように、チャンネル登録と   高い評価よろしくお願いいしまーーーす。   、動画を作るモチベーション維持の為に   、よろしくお願いします。 。応援してねー...

ARC インタークーラー

取り付け動画です 吸気温度の低下は馬力の向上だけではなく、エンジンやタービンの寿命にも影響します。言い換えればそんなにアクセル開けて走らない人でも、交換する理由になります。...

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。...