どうして壊れるの?

FC3S エアフロメーターの良否判定

FC3S エアフロメーターの良否判定

今回はFC3Sのエアフロメーターの良否判定を行おう。  測定するエアフロメーターの配線に充てる端子はこの端っこから一番目と2番目  オームはx10倍で行った  今回のエアフロメーターは新品を測定した  最初の抵抗はこのあたりを示す。  80オーム前後から始まるはずだ そこから微妙に1mmずつ押し込んでいくと抵抗がどんどん増えてゆくはずだ...

続きを読む
エアフロプロットの図に。。・

エアフロプロットの図に。。・

天使がささやいたのか?悪魔なのか・・  せっかくプロットしてもらったんだけど・・・  もしや、、端子を間違えてないかな?  で、、計る端子はココ。  ちんこの先っぽ側じゃないよ  ターボ側から1,2だからね ちゃーーんと、エアフロの移動推移はこうなるはずなんだけどなあ。。 後日、再度やり直したプロット これが正解 25年も前のスライド抵抗がまともに動くことは奇跡なんだよね。  特に!むき出しエアクリーナーをつけてると、...

続きを読む
吸入空気量 8

吸入空気量 8

で、このMAPをみるといろんなことがわかる  ターゲットの定義やどうやって動くのか?も書いた通り。  命令文の位置を一個を記載すると。。  07 は空燃比制御の命令文で  03 はアイドリングの命令文。   ということは、、   上の大きな表を見ると   縦4グループの中に2つのグループは07がありませんね。    逆に言えば、このモードを4つの面に条件を見ながらコード”07”を入れたら    4つのモード全部でフィードバックが成立することになります。 03,06,等ありますがこれらは走行モードです...

続きを読む
吸入空気量 7

吸入空気量 7

前回の話の中で、 こんなMAPが出てきた  吸入吸気量が増えると上から下に移動する。  アクセルをぶ~~~ん、ってカラふかしすると   うえから下に移動して回転が下がり始めると   下から上にもどってくるんだが・・・    似たような面が4つあるよね。    これはFDにもFCにも4つ同じようにある それぞれが条件が整ったときに4つのグループ分けされた 走行モードMAPを読み込むんだ。 モードが4つあると考えればいいんだ  たとえば、、、   MT車両のエアコン、ON、OFF   AT車両のエアコン、ON、OFF     ...

続きを読む
吸入空気量 6

吸入空気量 6

そもそも、こんな動きでは制御としてはやりづらいし不可能だ   エアフロをゆっくり押し込んでも、針の動きが一気にあがってしまい 高風量側ではいったん落ち込んでまた上がってる (じつはこの時点で、あまりに挙動が不審なので  ある程度の洗浄はパーツクリーナーでしていた動画でも振れがある)  で、、、    汚れた接点を更に掃除した    摩耗こそ少ないものの    針の先に汚れが貯まってた 明らかに見た目にこそ、FDのようには汚れてはいない スライド側接触面も、荒れていないんだが  。。。。掃除だけじゃ。。。ダメ...

続きを読む
吸入空気量 5

吸入空気量 5

昨日の、データーを見る限り 必ずスライド量と抵抗の変化は同期してる事がわかった  そのスライドはここにある写真のとおり  チップ抵抗で、確実に変移させており  学研の”科学と学習”に付録にあったような  コイルなんかじゃなく、温度の変化につよい  で、早速、、、 アースと出力の、相関を測るべく動かしてみたところ。。。   ぜんぜんちがう! 昨日はこんな、おおまたじゃなかったよ? スライド初期段階で既に300Ωこえちゃってるじゃんか・・ しかも、途中で一瞬、落ち込んじゃってるし  つまりだな、、  古くなったこのエアフロだと、...

続きを読む
吸入空気量 4

吸入空気量 4

まずは、故障する年代、エアフロメーターの構造と機能。 その一部として、点検項目事項を残しておこう コネクター端子、最もタービン側がアースポイントの確認   次が、(2番目)が可動接点の可変抵抗端子。 コアを動かしたとき、この2つのポイントの抵抗を測り その変化でエアフロメーターの状態を知る事が出来るという  でも、、中古のエアフロってスライドさせても  針がふらついたり、全開にすると抵抗が上下に変化したり  不安定なんだよなぁ、、、    もしや、中の可変抵抗の結線が想定外?_?    んじゃ、測ってみるしかないよね。...

続きを読む
吸入空気量 3

吸入空気量 3

前回、前期FC3Sと、後期FC3Sのプログラムが圧倒的に違う、と書いた。 ひとまず、、、前期から覚えてもらいたい。  右から流れてくる、風でフラップが押されて  可変抵抗を移動させてる。  ただ、高い風量だとメジャリングプレートが周波数振動を起こす いわゆる・・・  吸入空気を物理的計測に基づく質量を、回転数で割るだけの前期 後期のエアフロも構造は違えど風量とコアの位置関係で抵抗をかえてるのまでは一緒。  拡大すると・・・  コアの位置で可変抵抗がスライドするのは変わらないポイントだ。...

続きを読む
吸入空気量 2

吸入空気量 2

まずは、FC3Sエアフローメーター本体の写真を。  横にあるバイパスパイプは、アイドル領域の空燃比を変える為に使う。  前期でいうと、ストラットについてるバリアブルレジスターだね、  え?FDには関係ない?って?  バカいっちゃいけない   この章をマスターするとFCマイスターどころか  FDマイスターにさえもなれるんだよ 詳しい一部をまえがきするとね  FC後期とFDでは似てる  まったく違うのが前期。  まず、エアフロメーターの形が違う。  ネットで拾った画像だが、なぜか?シリコンで止められてるでしょ...

続きを読む
吸入空気量

吸入空気量

クイズです。 これは、何の車の配膳図でしょう?  そして、、、これは?  どの7の?パーツで、一体なんでしょう? ・・・・ こんなこと、、やってw  おたのしみにw

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー