REエンジンの燃焼、基礎編

400PS 14万km走行のアペックスシール 比較画像

400PS 14万km走行のアペックスシール 比較画像

なぜ?壊れたか?くわしい流れはここのバックアップみてね 上が14万km走行のアペックスシール、トップ 下が6万km走行の中古アペックスシール、トップ すでに高さが4mmありません 中古6万km走行の方はまだ、6mmもあります ここまで使えたのはマツダ純正CPUのおかげです ノックレベルが高いと勝手に遅角してくれたり、エンジンを極限まで守って最後までアペを使わせてくれました エンジンが壊れた後、満身創痍のワンローターで走行して帰ってきたのでローターが真っ黒 くわしくは痛恨のエンジンブロー 3ピースですが、一番磨耗の激しいトップだけ...

ロータリーエンジン燃費の基礎 2

FC3SやFD3Sの燃費を良くするためにフィードバック制御が有効であることは前回にもお伝えいたしました 今回はなぜ?フィードバックを制限する必要があるかを説明いたしましょう その前に・・・・まずは”フィードバック”という言葉の本質と現実を知る必要があります 元々マツダが電子制御燃料噴射装置を開発した初期のフィードバック制御ではキャブレターにも車にも搭載されておりフィードバックキャブレターと呼ばれ昭和60年のBF5P、BF3Pのファミリアに搭載されておりました...

ロータリーエンジン燃費の基礎 1

ひとくちに燃費を良くするといっても・・・ 2通りあります 1)自分の運転や車に対して制限をかける方法(急加速しない等) 2)今まで通りの使い方で機能パーツでよくする方法 中村屋のCPUは間違いなく後者に属します 2に属するというのは2の中にも多種存在するからです よくあるのがコンデンサーやアーシングを追加して不足する電圧を上げたりロスをなくす方法、電子の流れを変えてオカルト的な物も多く売られています 確かに効果のあるものもありますがそのほとんどは”りくつのわからないもの”です...

ロータリーエンジン燃費の基礎 15 ECO CPU

RX-7、FC3SやFD3Sの燃費やコスモ、RX-8等の燃費を語る上で排気ポートが開く前に燃焼を終わらせる事、空気の膨張は分子間の隙間を広くする事等、エンジンの燃焼についてお話いたしました 燃焼を早く終わらせてローターにすべての力を伝えて残った力のない排気ガスのみを排気ポートから捨てる事が理想です...

ロータリーエンジン燃費の基礎 14 ECO CPU

FC3SやFD3Sの燃費やコスモ、RX-8等の燃費、燃焼効率等を皆さんに考えていただく為に,, ターボチャージャーにまつわる効率の話が数多くありますのですこしお話しておきましょう ターボチャージャーのついてる車は走り込むと極端に燃費が悪くなるとおもいませんか?シビックや86、ロードスター等は街乗りが燃費が10近くあっても峠に入ると7割の燃費、7ぐらいに落ちてしまいます ところが7になると街乗り7であったとしても峠に入ると簡単に5割、つまり3や4に、ターボ車ってすごい勢いで燃費が悪くなりませんか?...

More Post

関東からRX-7

愛車の点検で分かった不調を一気に直しました...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

シャーシダイナモ

予約カレンダー

FD3S FC3S

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S スポーツタービン

皆様 本日、愛車の仕上げありがとうございました。 中々伺える場所では無いですが、いつも暖かく迎えて頂き感謝いたします。帰りのドライブですが、ロータリーとは思えないトルクにびっくりしました。...

新品エンジン交換 コーティング

RECHAREGE  皆様へ先日は、エンジン載せ替え作業有難うございました。開封の儀、載せ替え時の立会いも楽しく、ワクワク感がとまりませんでした。エンジンを積んでいたボンネット内スペースに入り記念写真を撮るなど一生に1度できるかできないかの体験も貴重でした。 また、私自身エンジン載せ替え作業に立ち会うことで、車への理解、愛情が深まりました。...