REエンジンの燃焼、基礎編

400PS 14万km走行のアペックスシール 比較画像

400PS 14万km走行のアペックスシール 比較画像

なぜ?壊れたか?くわしい流れはここのバックアップみてね 上が14万km走行のアペックスシール、トップ 下が6万km走行の中古アペックスシール、トップ すでに高さが4mmありません 中古6万km走行の方はまだ、6mmもあります ここまで使えたのはマツダ純正CPUのおかげです ノックレベルが高いと勝手に遅角してくれたり、エンジンを極限まで守って最後までアペを使わせてくれました エンジンが壊れた後、満身創痍のワンローターで走行して帰ってきたのでローターが真っ黒 くわしくは痛恨のエンジンブロー 3ピースですが、一番磨耗の激しいトップだけ...

続きを読む

ロータリーエンジン燃費の基礎 2

FC3SやFD3Sの燃費を良くするためにフィードバック制御が有効であることは前回にもお伝えいたしました 今回はなぜ?フィードバックを制限する必要があるかを説明いたしましょう その前に・・・・まずは”フィードバック”という言葉の本質と現実を知る必要があります 元々マツダが電子制御燃料噴射装置を開発した初期のフィードバック制御ではキャブレターにも車にも搭載されておりフィードバックキャブレターと呼ばれ昭和60年のBF5P、BF3Pのファミリアに搭載されておりました...

続きを読む

ロータリーエンジン燃費の基礎 1

ひとくちに燃費を良くするといっても・・・ 2通りあります 1)自分の運転や車に対して制限をかける方法(急加速しない等) 2)今まで通りの使い方で機能パーツでよくする方法 中村屋のCPUは間違いなく後者に属します 2に属するというのは2の中にも多種存在するからです よくあるのがコンデンサーやアーシングを追加して不足する電圧を上げたりロスをなくす方法、電子の流れを変えてオカルト的な物も多く売られています 確かに効果のあるものもありますがそのほとんどは”りくつのわからないもの”です...

続きを読む

ロータリーエンジン燃費の基礎 15 ECO CPU

RX-7、FC3SやFD3Sの燃費やコスモ、RX-8等の燃費を語る上で排気ポートが開く前に燃焼を終わらせる事、空気の膨張は分子間の隙間を広くする事等、エンジンの燃焼についてお話いたしました 燃焼を早く終わらせてローターにすべての力を伝えて残った力のない排気ガスのみを排気ポートから捨てる事が理想です...

続きを読む

ロータリーエンジン燃費の基礎 14 ECO CPU

FC3SやFD3Sの燃費やコスモ、RX-8等の燃費、燃焼効率等を皆さんに考えていただく為に,, ターボチャージャーにまつわる効率の話が数多くありますのですこしお話しておきましょう ターボチャージャーのついてる車は走り込むと極端に燃費が悪くなるとおもいませんか?シビックや86、ロードスター等は街乗りが燃費が10近くあっても峠に入ると7割の燃費、7ぐらいに落ちてしまいます ところが7になると街乗り7であったとしても峠に入ると簡単に5割、つまり3や4に、ターボ車ってすごい勢いで燃費が悪くなりませんか?...

続きを読む

ロータリーエンジン燃費の基礎 12 維持費節減

あれ?こんなところに・・・・http://ecocpu.sitemix.jp/ ブログと、整備手帳が見れます こちらはRECHARGE.JP版 またも更新に疲れましたのでここで独特の表現法を持つS氏に登場していただきましょう みなさんこんにちわ、私がS氏です、決して深い意味はありません 今回も店主とは少し方向性を変えてお話してみましょう 今はスンスン言ってるMAZDAさんですが、昔はCPUも装着されていない車を製造してたんですよ。 そもそも純正CPUとは何?って所から語っていいですか?「イヤ」って言われても始めますが・・・...

続きを読む
ロータリーエンジン燃費の基礎 11

ロータリーエンジン燃費の基礎 11

FC3SやFD3Sの燃費やコスモ、RX-8等の燃費を語る上で排気ポートが開く前に燃焼を終わらせる事等がおおきく関係するので(燃焼時間短縮)、空気の膨張について少し語りました 一回エンジンやタービンが回るときにすくい取ることができる”金魚”の話を交えてお話いたしましたがほんのすこしでも、ご理解頂けたでしょうか・・・ まだあります、ここからが”燃焼時間短縮”の本番です わかりやすく言えば焚き木と同じことが言えます 点火するマッチを持っていっても全体に広がる為には時間がかかります...

続きを読む

ロータリーエンジン燃費の基礎 10

FC3SやFD3Sの燃費を語る上で吸入空気量と燃焼に必要な酸素量とは違うと書きました コスモやロードスター等エアフローメーターがついてる車種でも同じことが言えます燃焼に必要なものは酸素ですが・・・ 酸素にまつわる話があります たとえば・・・ひとつの例が温度です 知ってのとおり、空気といわれるものに限らず多くの気体は熱により大きく膨張します。仮に40度の差であれば1.14倍に相当し、0度と80度の空気の体積の差は1.3倍近くになります 風呂のバスタブにお湯を7割ほど入れその中に金魚を100匹入れ泳がせます...

続きを読む

ロータリーエンジン燃費の基礎 9

FC3SやFD3Sの燃費を改善するために前回3つの言葉が出てきました 点火、爆発 、収束、これら3つの言葉を足した時間が燃焼時間ということができます。この3つの時間をできるだけ早く終わらせれば、排気ポートから熱を無駄に捨てる事はなくなり、燃費を向上させる事につながるわけです まずは点火です、いくらこれが無くては話になりません...

続きを読む

ロータリーエンジン燃費の基礎 7

ここまでの流れで、FC3SやFD3S、コスモ等の燃費を良くするために働いてるはずのO2センサーフィードバック(燃料自動調整装置)は、触媒が適温(高温になりすぎない)を維持するために作動が制限されていると書きました そして更に、排気温度が高い状態では(触媒融解の防止で)確実に働きが抑制される、とも書き、結果排気温度を下げるには燃焼時間の短縮が必要になるとも書きましたこれがまず第一条件であり、前回のロータリーエンジン燃費の基礎に書いた1)番です。...

続きを読む

ロータリーエンジン燃費の基礎 6 維持費節減

またも更新に疲れましたのでここで独特の表現法を持つS氏に登場していただきましょう みなさんこんにちわ、私がS氏です、決して深い意味はありません 今回も店主とは少し方向性を変えてお話してみましょう 今回の議題は・・・ ”ROMチューンが必要な時とは?”です 当然ながら全くのドノーマルであれば書き換える必要はありません ドノーマルの場合、180km未満での走行を前提として・・・ 1.オイルは3000km前後で交換(純正オイルで構いません) 2.プラグは6~9000kmで交換(純正プラグで構いません)...

続きを読む
ロータリーエンジン燃費の基礎 5

ロータリーエンジン燃費の基礎 5

FC3SやFD3S、コスモやRX-8の燃費を考えるとCPUで、できることも多くありますが 基本的なことをまずお伝えしておくべきでしょう 排気温度が高いということはどういうことなのでしょうか? 触媒加熱を防ぎ安全にO2センサーフィードバックによる制御拡大のために 排気温度を下げる事は出来ないのでしょうか? 原因として・・ 1)与えられた燃焼過程の時間で燃えきっていない 2)これ以降はまた次回・・・ 長くなるのでまずは、、、...

続きを読む
ロータリーエンジン燃費の基礎 4

ロータリーエンジン燃費の基礎 4

FC3SやFD3Sの燃費は切実な問題となりました(特に20Bコスモ) 6月から180円台になるようですね 話はそれて、6年前にREMAGAZINで連載を組んでもらっていたときの写真です、いまは残念ながら発行されていませんが7マガとかぶってしまったのでしょうね それでは引き続き 排気ガスの中に含まれる有害成分には大まかに3つの要素があります これらすべての成分に対応する触媒を3元触媒と呼ばれております みなさんのRX-7には必ず装着されてるはずですが、よく見るとパイプと温度センサーが横に刺さっているはずです...

続きを読む

ロータリーエンジン燃費の基礎 3 S氏執筆

更新に疲れましたのでここで独特の表現法を持つS氏に登場していただきましょう みなさんこんにちわ、私がS氏です、決して深い意味はありません 早速ですが今回のお題は・・・暖機”運転”のススメ です 13Bロータリーエンジン搭載RX-7のガソリンの無駄と燃費を科学的見解から解析するために・・・ ずばり”暖機運転”という行為をCPU側から見てみたいと思います。 皆さんが暖機運転をされるときは当然エンジンが冷えている時であると思いますが・・・ そもそも、”暖機運転とはなぜ行うか?” A...

続きを読む

ロータリーエンジン燃費の基礎 2

FC3SやFD3Sの燃費を良くするためにフィードバック制御が有効であることは前回にもお伝えいたしました 今回はなぜ?フィードバックを制限する必要があるかを説明いたしましょう その前に・・・・まずは”フィードバック”という言葉の本質と現実を知る必要があります 元々マツダが電子制御燃料噴射装置を開発した初期のフィードバック制御ではキャブレターにも車にも搭載されておりフィードバックキャブレターと呼ばれ昭和60年のBF5P、BF3Pのファミリアに搭載されておりました...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー