中学生向け講話

燃焼の参考動画

燃焼の参考動画

若手が見つけてたので紹介しよう。  昼休みに是非一度見ておいた方がいい。 点火時期がなぜ、上死点前なのか?進角とは?のヒントになるはずだ

GPSアンテナは、位置情報を拾っていない

GPSアンテナは、位置情報を拾っていない

めざましTVでやってたけどー 僕も、すっかり範囲外だったわw  グローバル・ポジショニング・システム それぞれの衛星からの時間情報の到達時間(光の速度と同じ30万km/秒)で距離をナビ本体で演算 3点の測量に加えて時差補正の一個を加えて最低4つで正確になるアルゴリズム(計算方法指針)をもちます  時間差なんだよー知ってた?  気にも留めなかった事が、ああ、そっかぁ、(゚∀゚)  でもこれを知ると、考え方が広がる。 最近ならレインセンサー(自動ワイパー)    赤外線LEDを発光させプリズムを使ってFウインドウに反射させる方式だと...

内燃機関 三原則 

内燃機関 三原則 

三級ガソリン整備士レベルには絶対に出る問題 内燃機関 三原則を述べよ! 1良い混合気 2良い圧縮 3良い火花  ・・・ 圧縮というものは今更不変であると思われてきたが、昨今の中村屋の提唱する混合気体の測定誤差を小さくする、または設計時の環境に整え燃焼状態を改善することで”下がってきた圧縮でも、改善が認められてきた”ので割愛する。 3番の良い点火とは、点火装置、コイルやプラグ、プラグコードやイグナイターを指す 最も簡単で交換の時期が短いのがプラグ(6000㎞推奨)だ...

空気の量を計ったと思ったら、、、間違い?

空気の量を計ったと思ったら、、、間違い?

アクセルを踏んでエンジンに入ってゆく空気の量を計った、としても空気というものは厄介だ。 測る方法にもよるが容量を機械的に計るのがLジェトロ(RX-7の場合はFC3Sだ)エアフロメーターという機械を使って空気量というアナログを電圧に変えて出力する  その機構、構造に前期では問題も多かった こんな重たいものを、空気という軽い気体で動かすのだから誤差が多く存在する ... だって、金属製だから振っただけで動くんだぜ?  (旧式前期金属製)...

吸入空気量を制御するのがアクセルだ

吸入空気量を制御するのがアクセルだ

アクセルを踏むとワイヤーでつながったスロットルバルブが開いて、初めてエンジンは空気を吸うことができる。  エンジンの最も大きい前提 エンジンは常に空気を欲しがってる、スロットルバルブで絞りこまれて回転が落とされてる、受け身状態 インジェクターでガソリンを噴射されても、何をされても空気が無いと回転は上がらない。 だから負圧計はアイドリング時で負圧を示すんだ  スロットルが邪魔な分、効率が上がらない   でも、邪魔だからと言って取ってしまうと回転(出力)コントロールができなくなるんだ...

More Post

FC3S GCGスポーツタービン

ARCインタークーラー等への交換はすでに終わっています あとはCPUデーターの入れ替えとテスト走行、水漏れチェック等を終わらせお昼の納車を目指しています...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

最近のコメント

カテゴリー

シャーシダイナモ

予約カレンダー

FD3S FC3S

FC3S GCGスポーツタービン

ARCインタークーラー等への交換はすでに終わっています あとはCPUデーターの入れ替えとテスト走行、水漏れチェック等を終わらせお昼の納車を目指しています 8時半まで残業後、、、全塗装から上がったFD3Sに、奥で作業をしている藤田先輩と一緒に3人で夜食に出かけたという仲良し3人です。 後輩ができた彼も十数年前は若かった 15年の付き合いになる彼がまだ若くピチピチしていたころの写真...

GCGスポーツタービン(RECHARGE)交換

無事に到着しました。道中、集中工事で名神に回ったり、やばすぎる豪雨に数回打たれ、事故渋滞でトンネルに1時間程度缶詰めになったりとかなりハードでした。(自宅まで8時間半はかかりました…)...

FC3S ARC インタークーラー ラジエター

GCGのRECHARGE‘ SPLスポーツタービンの取り付けと、インジェクター交換等を行っていました ハイフロータービンという名のイメージ(低回転が弱くてトルク特性が高回転よりになる)を払しょくするためにスポーツタービンと呼んでいます。 1500回転も回せば加給体制に入る新世代ターボです FC3S専用設計ARCの純正ダクト対応型インタークーラーが憎いでしょ?...

EcoCpuV RacingBeat twin

純正フロントパイプにマッチする口径を持った前期用のメタル触媒も含めて購入いただいた。 25年前の車だ、我々のような高齢世代が6年落ちで買ったような頃とは劣化が大きく違う。 昭和や平成一桁代の頃の中古車は、6万㎞ぐらい走った『買いごろお値打ち車両』がゴロゴロしていたんだけれど、、いまじゃどれを買ってもそろそろエンジンOHだけじゃなく電気装置の交換時期ってものがある。...