冷却システム

767Bの水温対策、動画

767Bの水温対策、動画

完成しました オープニングラップの前半戦は効果絶大 上の古い水温計はラジエター出口温度です。これが下がりすぎるのを防ぐためにサーモバルブを取り付け、温水をエンジンに還して下がりすぎるエンジン水温を一定化させようとしています。 サーモバイパスバルブと混合した後のポイント(下のデジタル)の温度がエンジンに入ってゆく水温です。この上下幅が大きいと冬場の減速時にパンパン音が出ます。こんかいは絶好調で最後まで調子よくはしっていてくれたのですが...

続きを読む
サーモ追加で水温は安定しています

サーモ追加で水温は安定しています

ご存じのように、去年夏767Bのエンジンセッティングを行い完全復活を遂げました https://www.facebook.com/hideyuki.nakamura.524/videos/1411412438941387/ まあ、とはいえセッティング初期と現在のフケ上がりには随分差があり、最初はノロイピックアップですが、この動画だと7秒後に書き換えた瞬間、フケが変貌し立ち上がっています。 https://www.facebook.com/hideyuki.nakamura.524/videos/1400401680042463/...

続きを読む
2週間振りの4ローター エンジン始動

2週間振りの4ローター エンジン始動

サーモスタット式のバイパスバルブを取り付けて、水温の安定性を図りました 今までは、どんな状態でも必ずすべての冷却水がラジエターを循環して水温を下げる働きをしていました。しかしこれでは冬場の暖機運転はとてつもなく長くなり、少し走ると外気温度が低い状態だとオーバークールになってしまっていました。...

続きを読む
昭和のレースカーの宿命

昭和のレースカーの宿命

only for running Le Mans 30年も昔のレースカーには今の競技車と比べてドライバーへの室内環境は環境保全も考える必要が無かったのです。そして30年もの月日は電気機器の作動不良や、接点の腐食、断線を引き起こし走行中の予期せぬエンストを引き起こしていました。さあ、一緒に勉強しましょう(この動画は字幕があるので音を切っても電車で立ち読みできまーす)...

続きを読む
767B 冬場の水温の安定化を目指しての加工

767B 冬場の水温の安定化を目指しての加工

バイパス式でラジエターを通さず、水温が上がったらサーモバルブでラジエターへ冷却水を循環させる事にしました。かといって、いつも預かってるわけではありません。昨日納車しました。 作業は慎重に進めますが失敗もあります。 これは、いずれ公式動画で語られる事でしょう。 といってもそう簡単な作業ではなく、また内容も濃い修正でした 明日、火曜日から、圧縮計の集計と発注 そして棚卸の準備です。   あ、日曜の夜は、星野会でした  ...

続きを読む
767Bを納車しました

767Bを納車しました

冷却システムの見直しを行いました 冬場はオーバークールになりますのでパイパス式でサーモバルブを追加しました ルマンに使用するレースカーにとって必要な耐久性やトラブル回避を考慮したうえでこの時代にサームスタットは採用されていませんでした。 ですからいまの使い方だと冬場では水温が上がりません   いろいろ設計図を書いてはボツになりました サームスタットの追加を行うためにサーモの使い方を工夫してバイパス式でサームスタットを取り付ける方法、またこの取り付け方向によってはオーバーヒートを起こすので十分な思慮が必要でした...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー