現物あわせとは?

4ローター コンピューターセッティング

4ローター コンピューターセッティング

空燃比が大事なのは一般的見解だが、まず30年も前の車になると故障の前兆やその足回り挙動やパワートレイン系のトラブルをまず見抜く眼力が必要になる。 これは、レースカーであろうとも乗用車であろうとも一緒。   音や、振動、アクセル開度と車両の軸トルクからの反応時間 オシロスコープで見ると機械式のスロットルセンサーは距離を重ねると顕著に波形が崩れるわけだし    ...

続きを読む
シャーシダイナモ RX-7セッティング動画

シャーシダイナモ RX-7セッティング動画

一般的に『現車合わせ』に使われるのはシャーシダイナモだ 古くはボッシュのローラー式になり大きさも大きく設置も困難で、いまや軸受に直接据え付けられるタイプのものが主流となったが それでもこういったシステムの償却費用は多大だ。...

続きを読む
現物合わせの留意点(今は決して、こーんな感じではない、、ハズ)

現物合わせの留意点(今は決して、こーんな感じではない、、ハズ)

いまでこそ、新しいショールームができて、作業中の待合室にはうってつけです コーヒーサービスもあり、長旅をいやす空間もあり、お昼のお弁当も10時までなら社員弁当と同じものを390円で受け付けるアットホームっぷり! 県外から遠くは東北、九州、、から兵庫の中村屋に来たのですから中村屋で手土産でも買おうかという、、、流れになっても、💛 ちゃーんとコースケが手掛けた商品がショーケースに並んでいてドレを買おうかと悩んでいるうちに作業た愛車点検が終わる・・・・ ふとショールームのガラス越しにピットを見下ろせば自分の愛車が...

続きを読む
書き換え値段改定 Ecocpu-Fll16 2015/6/1より 

書き換え値段改定 Ecocpu-Fll16 2015/6/1より 

現物合わせ、HispeeROMの導入に当たり EcoCpuシリーズにおいて値段改定を行います。 FD3S後期 8年以降-14年(4型ー6型) Fll 16Bit (TECTOM追加基盤付き) 30000 円 基盤はこのような形状です 現行の EcoCpu-V  Hispeed 15000 円 FD3S前期 4年―7年 8Bit 15000円に変更いたします。 FC3S は15000円 送料と消費税別  理由  中村屋は既にこのタイプの基盤を10年使ってきました  基盤劣化や純正マザーボードの検査項目を増やす為に...

続きを読む
乗る人に合わせる、これが現物あわせ。

乗る人に合わせる、これが現物あわせ。

昨日はどうもありがとうございました。 先ほど無事に松山市経由で自宅に戻ることができました。 直して頂きましたアイドリングの方は以降全く引っかかることが無くなり、 調整して頂きましたクラッチペダル及び座席のフレームは、お伺いさせて 頂いた時に腰が痛くなると言うことで敷いていたマットや、背もたれとの 隙間に入れていたクッション等を全く使わないで良い状態となりました。 ご指摘頂きましたマフラー及びタービンにつきましては、 早速お世話になっておりますディーラーに見積もりを依頼致しました。...

続きを読む
3台目!!投入!!

3台目!!投入!!

先日EcoCpu-Vを、一気に2台買ってもらった方の現物あわせが終わった。 一回ではOKじゃなかったので、関東から2回目の現物あわせだ 一回目は、、当然のスロポジ交換や在庫や持込であるものを駆使して交換し 距離が短いから調子がいいと、言うわけではなかったが、やや気になるスロポジも変えて  L=8.3を記録したんだ。 が、まだ、僕の中で終わっちゃいなかった このデーターで僕の知る加速ではなかったんだ。 となると、車両に原因があるわけで。・。。今回!!...

続きを読む
現物あわせ、って何をするの?

現物あわせ、って何をするの?

中村屋で言う現物あわせは、業界で言う現車あわせとはちょいと違うんだ  一言でいうと。。。  守るためのセッティングと言えば伝わるだろうか。 EcoCpuを買ってくれた人に5000円で点検を兼ねてROMの書き換えを行う  当然エンジンルームの点検に始まりセンサーの状態  アイドル調整、エンジン調整、電気周りはもちろん  異常があると僕のカンが判断すればダイアグ点検  クラッチの調整はもちろん、ホースバンドの締め付けや水漏れ     走ったら走ったで、ハンドリング、ベアリング音...

続きを読む
さて、過去にFD,FC、EcoCpuを買ってくれてる人にお知らせ

さて、過去にFD,FC、EcoCpuを買ってくれてる人にお知らせ

FD3S前期、後期全てのバージョンで1年半前より過去のバージョン 正確には2012年7月20日以前に出荷されたモデルが対象です  バージョンアップがあります      ノック補正 で対策された箇所は低域トルクです FD3S去年に作られたEcoCpuにもバージョンアップがあります これは、Vを除くFull16Bitのモデルです   ブースト補正 で対策された箇所はオーバーシュートの低減です FD3S 前期8Bitのモデル2014 3月までに出荷されたモデルで      純正I/Cノーマル触媒と車検対応マフラー組み合わせ用です...

続きを読む
与えられた期待値 個体差

与えられた期待値 個体差

今回の場合でいうと、個体差以上の開きがあった  ここまでのブーストUP車両で経験上、与えられるはずの燃料が入らない  セカンダリー領域に入ったところと、6000回転以降が濃くなった。  もっと、気軽に回るはずのポイントが確実に濃くて燃えない   ちょいと、絞ってみたら十分マシに回るが、間違いなくまだ空燃比が濃い 思い当たるポイントは、ずばり、7万km使ったコイルだ 単なる使用期間、10年と距離7万kmで劣化は考えられたが、こんなにフケ無いのは 超絶末期症状だということに、なる・・・・んだが。...

続きを読む
理想と現実、現物あわせ、現車あわせとの差

理想と現実、現物あわせ、現車あわせとの差

MAZDA SKYACTIV(スカイアクティブエンジン) 多くの人が知る最新の技術? ではなく今後のマツダの方向性だ 維持費を現実的に低減する事を確実に捕らえてる モーターも無い、 でかいバッテリーもない 反対に、その分値段も安い 仮にモーターを積んでバッテリーを積んだら軽快なデミオじゃなくなる また5年後の保障が切れたあとの電気保守や 補修費も気になるところだ  つまりユーザーが望んでることは、モーターつきに乗りたいのか?  維持費を削減したいのか?を的確に追求している。 EcoCpuも同じく。...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー