クラウン純正デッキ改造

17 クラウン 純正デッキ改造 純正ボリュームでカロッツェリアをコントロール

17 クラウン 純正デッキ改造 純正ボリュームでカロッツェリアをコントロール

ま、簡単な話 純正デッキのボリュームでカロッツェリアのデッキをコントロールしたいわけ。  いじり倒した純正カセットデッキは、捨てた  で、そこで登場するのがカロッツェリアのデッキだ。  が、しかしボリュームが運転席から遠くなっちゃうのだ で。。 純正デッキでもカロッツェリアでもボリュームとソース切り替えができるようになった  ま、、そんだけなんだけどね。。@@;  純正のスイッチでソースが切り替えられて、ボリュームがコントロールできる、これでボクはしあわせなのだ。...

続きを読む
残念なことに・・・

残念なことに・・・

まだやってます  純正デッキとはいえ、すでに純正ではなくなっている  電源部のコンデンサーは、同じ容量でニチコン2200に交換し  すんげえ、低域が伸びるようになり  発熱量を抑えれば良い判断すれば・・    PC用のフィンに交換。。。@~@  SP線さえ、巨大化し、、、...

続きを読む
電子部品は熱に弱い アンプ編

電子部品は熱に弱い アンプ編

電子部品は熱に弱い アンプ編 さて、アンプを付けると。。。 高額になることがわかった 確かに、福沢さんと引き換えに。。簡単にトルクが手に入るわけだが 内臓のデッキの効率を上げるためにバッテリー直引きも有効だよ でも、、、内臓デッキってパワーが無いよね?? 。。。 。。 。 ワンボディーならあまり付いてないけど ナビ一体型2DINデッキにはファンが付いてるよね?  さて、これは。。。? もう1歩、話を進めて仕様書を見てみるといいたいことがわかるはずだ。 そう、アンプは鳴らしてると発熱して、出力が下がってくるんだよ...

続きを読む
クラウン純正デッキ ラウドネス 改善

クラウン純正デッキ ラウドネス 改善

クラウン純正デッキ ラウドネス 改善  多くの純正デッキの回路にはラウドネス回路があります  一般的にノーマルSPで鳴らすことを考えて高域と低域が持ち上げてあります 社外品に変える場合、これが邪魔になることもあるので。。 たとえば、純正デッキしか使えない車両がありますよね 純正デッキをはずしたらエアコンさえ使えない車両もあります そういった車両に純正デッキの出力を使ったアフターパーツのSPを使うと ラウドネス回路がでしゃばることになります  前回はラウドネスそのものをカットする回路を説明しましたが...

続きを読む
クラウン純正デッキのオートラウドネス解除

クラウン純正デッキのオートラウドネス解除

クラウン純正デッキ内臓のオートラウドネスは悩みの種です 低域や高域が純正状態ならノープロブレムでも、外部アンプやSPによってはえらく邪魔になります 純正のデッキ音がこもってる原因のオートラウドネスカット。 純正デッキの音がわるく、アンプを追加しても声がドアにはりつくと思います これは電子ボリュームの”ラウドネス”機能が働くためで 以下の危険作業??で回避できます A&Bのプリントをカットします 上下、左から3番目の配線でR&LそれぞれのラウドネスCLですのでカットすると補正回路が働きません。...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー