初期トラブル

アテンザ、アクセルペダル追記

アテンザ、アクセルペダル追記

先ほどのアテンザ、エンジンブレーキ改善案としてあげた記事に補足 非接触でこのタイプはエレメント軸がセンシングに対して少々ゆがんでも0.1%以下の精度を保つことができるタイプだろう、実際には20万kmどころか100万kmだって無劣化で精度を保持するのだが、、 機械的な摩擦、細かいごみ、接触粉が出るとなると話は違う。 センサーを納品する側としては完璧なんだろう、 しかしながら樹脂製アクセルペダルとの総合的な寿命までは保持できてなかったとおもう。 いや、実にもったいない。 ダイアグエラーは出ない、物理接触摩耗による接触だからね。...

アテンザ、レーダーサポートの現実

アテンザ、レーダーサポートの現実

もしかしたら、インフォメーションの誤作動の原因は俺かもしれない いや、勝手に車高を下げていた俺のせいだ。  交換を終えて帰ってきたアテンザは  新車の時の感動がよみがえったと報告、せざる得ない (写真は発報されていたフォワードセンシングカメラ警告) そう体感した理由が昨晩理解できた カメラやレーダーの反応や精度を運転手が見極める事は難しいが 衝突防止以外に、各センサーの精度が解る体感がある  ヘッドライトのHI、LOW自動切り替えが  めっちゃ正確になったんだ。 最近、慣れてきた為か、自動切り替えにあまり感謝した事がなかった...

アテンザ レーダーサポートの修正案 車高

アテンザ レーダーサポートの修正案 車高

昨日出して、昨晩帰って来ました 2週間前にエンジン交換したので、  エンジンオイルとエレメントも変えてもらいました  さああ、、これで治るか!?    もう、異常表示が出ない事をいのるのみ。  レーダーサポートが付いてるなら  僕らが気を付けない伽ならないこともある。   もしや、   足回り、、変わってる?  車高の変化による測定基準値を変えなきゃならないかもしれない  (これはまだ正式な通達じゃないよ)  あくまで、ぼくの推察なんだ。   メーカーでは、乗車積載増加を見越した設定もしてるはず...

アテンザの覚書、system うごくはずの機能

アテンザの覚書、system うごくはずの機能

これらの機能によってレーダーサポートで安全を確保する  今回のトラブルはミリ波レーダーの誤差なのか  設定値やファームが悪いのかはわからないんだが・・・ 僕は   車高が問題になってるようにも感じるが   それを語る前にもう一つ考えなきゃならんこともある     車検対応という言葉と、安全は別の問題になる  三角測量という観点からすると水平度や  ヨー、ピッチ、の補正アルゴリズムの見直しが必要かもしれない  いつも警告がつくのは、決まった坂道で左折、信号の先頭だからだ  僕らは、”車高調整に関して車検対応”という言葉を...

More Post

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー

シャーシダイナモ

予約カレンダー

FD3S FC3S

エンジンのオーバーホールの本当の意味は?

RX-7の中古車を買うとき、オーバーホール歴があるか?無いかでの判断基準になるだろう。ただ果たしてそのオーバーホールという言葉、エンジンブローを避けたい買い手の常識としてどのレベルでOHなのか認識しておくべきだろう。 https://youtu.be/mUWdyfNEbE0...

あなたにぴったりの‘カラーは?(IphoneのCM風に読んで)

Rx-7 史上最高にポップなシートを用意しましたあなたにぴったりのシートカラーを選んでください。 圧倒的にエキサイティングなシート。先進的なデュアルクッションシステム。どんなシートよりも頑丈なAlcantara どこでも手に入るカラーではありません、最新の静粛性能を、あなただけの手に。 色あざやかで美しいく、そのすべてを詰め込んだ完全に新しいスマイルを提供します4つの魅力的なカラーでどうぞ。...

新品シートが現れた(スライム風に読んで)

もはや手に入らなくなったFD3Sのシート どっちが新品か?わかりますか? なんとこれ、マツダの最新シート生地を張った試作品なのです。  使ってるアルカンターラを始めこれらの生地は当然メーカーでの耐火摩耗試験済み。 この生地だけでも欲しい!という方がいるかもしれませんね。...

ヒーターコアから冷却水が漏れた

FD3Sのあるある修理の一つです。前期よりも後期のほうが多い症状の一つです。 これが漏れちゃうと、ダッシュボードを下すしか方法がありません もちろん、ユーザーの目の前で降ろしてしまいます。...

GCG sports turbo

効率の高いターボは燃費も上がるって知っていますか?回転数が低いときは単なる空気抵抗と排気抵抗にしかならないのが昭和設計のturboです。 左が純正、右がRECHARGE/GCGスポーツタービンです。下取り加工なのでオリフィスが入ってない状態ですので組み替えてください。 取り付けは純正と全く同じ方法で無加工で取り付けできて車検も安心。(ただしEcoCpuによる書き換えが必要です)...