ATENZA takeri Mazda6

MAZDA6 サイドステップ 発売開始

MAZDA6 サイドステップ 発売開始

MAZDA6やGJアテンザの手ごろな価格のサイドステップがありませんでした、そこで通販サイトにおいて定価39000円で左右セット販売開始となりました。  在庫は4つありますのでお早めに。ボルトオンでボディー下の樹脂サイドカバーに取り付けるので金属のボディーに対して加工はありません。2012年式のGJアテンザにも適応します。 ジャッキアップができるなら腕前のよいプライベーターなら取り付け可能かもしれません。...

続きを読む
MAZDA6 サイドステップ発売

MAZDA6 サイドステップ発売

取り付け確認が終わっています。通販サイトに登場しました。39000円の予定です。 もうすぐ発売の予定です。 取り付けは純正のサイドアンダーを外して間に差し込んで取り付けします。尚、2012ー2020までは同じボディー形状なので初代アテンザから取り付けができます。...

続きを読む
MAZDA6 2.5TのDATA

MAZDA6 2.5TのDATA

今どきの制御の構造が変わった。  昔は、プロセスが中心だった。目的にたどり着くために前準備こそが中心だった いまやそんな時代ではなくなってきたよ、セッティングする時、もっとプログラムに頼り正確さと速さが大切だ。なぜなら昭和の頃とは違う要素が増えてきているからだ  点火タイミングや噴射量、簡単なO2センサーを用いてそれらの値を決めるという昭和な形式ではなくなった。昨今ではA/Fセンサーやノック信号や気筒内圧センサーまでも持ち出し答えだけを用意してまとめる方法になっている。...

続きを読む
MAZDA6 サイドステップ

MAZDA6 サイドステップ

国内では後期タイプのサイドステップが見当たりませんでしたので、海外製のサイドステップを取り付けしてみました。ちょっとしたコツで取り付け出来そうです。 Fグリルのクロームプレートも付けました Fリップは相当難しいので通販向きではありません。...

続きを読む
MAZDA6 25T S Package ターボのデーター 変更

MAZDA6 25T S Package ターボのデーター 変更

1500回転時に与えられていたデーターを変更し、トルクを下げました これは40㎞未満のノロノロ運転でATがロックアップした後のギクシャク感を低減するものです 馬力を出すのは簡単だろう。でも目的は燃費であったりドライブフィールの改変だ 作った側としては、踏んだ瞬間『お!これは4Lクラスの大排気量トルクがある!』と、ドライバーに感じさせたいのだろう。しかし長く乗ってゆくとそれでは少しピーキーだと感じる事もある...

続きを読む
MAZDA6 25T S Package ターボのデーター

MAZDA6 25T S Package ターボのデーター

このデーターを見る限りマツダが公開している技術データーと一致する。もっと燃費を上げたい。 さて、EGRの領域が小さいのはなぜだ?もう少し燃費向上の為に利用したいんだがノックが起こるのか?そこはイジラナイのが定説だ、しかしここを触らずして答えは出ない。もしかしたら2.5Lターボで街乗りが12ぐらいまで稼げるかもしれないのだ。、いやまてよそれが安全ならとっくにマツダがそうしてるはずだ、だとしたらこのEGRの使用率の低さはなんだ?そうか、、、煤の問題なんだな。。...

続きを読む
MAZDA6 25T S Package 吸気温度

MAZDA6 25T S Package 吸気温度

あまりにも、吸気温度が下がらないのでテストしてみた。ターボ車にとって夏場は遅くなる時期だ。しかしあまりにも高い、走り出す前は74度スタート、走り出すと60度まで下がったが、、 OBDⅡの参考値 それでも、郊外をはしっても下がってこない。高速に乗るとやや下がったが、まだ58度とかのままだ。 まさかこんなに冷えないとは。。 いくら街中を走っても下がらずOBD2 のレーダーに表示する温度も同じだ 前にくるまがいると、すぐに60度を超える...

続きを読む
MAZDA6 ウェザーストリップ(取り付け簡単)

MAZDA6 ウェザーストリップ(取り付け簡単)

あらゆる意味で高級感がでるので前期のGjアテンザにも流用しています。 これは前期のGJアテンザの時に行っていた施工です。マツダのサービスマネージャーがお客さんがやってくれと依頼を受けたことがあると聞いており、試すとピッタリです。右と左がありますが、工具は一切必要ではなく、部品を用意すると3Mの両面テープがはりつけてあります、(上側が少し追加貼り付けが必要かもしれませんがほっといても大丈夫) 脱脂が必要だとは思います あとは自分で剥がして張り付けするだけ。...

続きを読む
MAZDA6 25T S Package ターボの全開実力レビュー

MAZDA6 25T S Package ターボの全開実力レビュー

最大ブーストが1.4㎏を超えている(OBDⅡ値)事にきがついた。といってもこれは制御ソフトの『慣らし期間』を過ぎたものだと推測した。古くは平成元年のFC3S、平成3年から販売されていたFD3Sにもこの『新車の時の馬力セーブ』機能は搭載されていて1000㎞未満の(FC=メーター裏 FD=ソフト側の制御)新しいエンジンの調子を整えメタル部分やベアリングの初期カジリ付きによる機械寿命の向上を狙ったものだ。 走行距離がとうとう1000kmを超えました 以前は確かに1.3ちょい超えたところ。...

続きを読む

MAZDA6 25T S Package  インプレ シートクーラー 

このシート冷却装置は素晴らしい。2012 GJアテンザや2018に購入したKF CX-5に白シートを使ってる理由の一つは夏のシートの暑さだった。 ところが、このMAZDA6 25T S Packageには、おせっかいな事に白いシート設定がない。例えシートが白であったとしても真夏に乗り込むと相当の時間お尻は暑さとの戦い。しかもこの夏の暑さは異常だ、25T S Packageの黒革シートだと3時間も駐車場で熱せられたら80度も超えるんじゃないか?そんな極熱シートに、高齢整備士のお尻はとても耐えがたいのだ!!!...

続きを読む
MAZDA 6 BOSE

MAZDA 6 BOSE

2018 CX-5のBOSEより低域の迫力が少ない 前のスピーカーの数が多い分、よりよく聞こえる。 ただし、ややヒステリックな声が気になる という訳でダッシュボードのスピーカーを外してみた まあ、これでいいという訳ではないだろうけれど、裏側の音の処理がやや足りない気がするからバックチャンバーを入れシンサレートを突っ込んでみました...

続きを読む
MAZDA6 25T とスカイアクティブ2.2D-TではEGRが違う

MAZDA6 25T とスカイアクティブ2.2D-TではEGRが違う

スカイアクティブディーゼルターボ2.2D-TとMAZDA6 25T のEGRは性格は似ているけれど領域が違う 2.5Tの場合 最大トルクではEGRが少ない 昨日書いた、燃費と吸気温度の関係にも抵触するがノックが出るからだ。 目的はNoxの低減だが、使用してる状況も量も違う。 スカイDの1.5 1.8についての仕様を見る限りトルクが出るところを大量に使い、馬力が出る高い回転のところは使用していない 反面ディーゼルではEGRの使用率、領域に大きな違いがある 最大トルクではEGRが多い...

続きを読む
MAZDA6 25T S Package 渋滞時の吸気温度 最高ブースト 1.34 k 燃費改善の糸口

MAZDA6 25T S Package 渋滞時の吸気温度 最高ブースト 1.34 k 燃費改善の糸口

走行距離がまだ800㎞にしかなっていないけれど最大ブーストが高いね。これはOBDのレーダー探知機の値を基に書いているけれど.ピークは高い。もし仮に新車の時のナラシ制限をかけてるとしたら、(FC3S,FD3Sでは1000㎞まではブーストを下げていた)まだまだ上がるという事になる。 渋滞に入ると吸気温度も高い。ピークで82度ぐらいまで上がってる。...

続きを読む
MAZDA6 25T S Package 実車 高速インプレ オートクルーズ 運転支援 乗り心地

MAZDA6 25T S Package 実車 高速インプレ オートクルーズ 運転支援 乗り心地

昨日書いた高速道路の燃費テストは満足のテストとなりました。 ERGを多用している領域においては過去の2.5Lターボの燃費を大きく変えるとは言いませんが確実にレギュラーガソリンターボでは納得のいく燃費です。いずれこのあたりの領域もDATA書き換えによって更に進化させることも出来ると思います。 ところで、2019 MAZDA6に搭載されている運転支援の具合はどうだったのでしょうか?という問いにはきっぱりと深化していることが感じられました。...

続きを読む
MAZDA6 25T S Package 実車 高速インプレ 燃費テスト

MAZDA6 25T S Package 実車 高速インプレ 燃費テスト

WLTCモード燃費 高速道路モード 14.2㎞(カタログ値) に対して 実走行13.5㎞でした(内蔵のデジタルメーターによる表示)2.5Lガソリンターボとしては素晴らしかった レギュラーガソリン使用でです。 2名 エアコン23度 外気温度38 昼間  群馬から中央道で南下、兵庫県までの600㎞、 平均速度は『けっこうスムーズに流れに沿った+α ㎞』です。...

続きを読む

アーカイブ

カテゴリー