REエンジン2 ディーゼル

EGR制限プレートを装着したら

EGR制限プレートを装着したら

スカイアクティブDの馬力低下は10万㎞走行でも見られなかった 軸損失分を加味したら、、、メーカーの公表グラフと、同じように見えるんだ もちろん、データーはスピードリミットをキャンセルして4速で測ってみた。 えーほんとに?と思って3速でも図ってみたけどほぼ一緒 このエンジン、総走行距離こそ、15万㎞のアテンザだが、エンジンは4万㎞の時に載せ替えしてるから実走行は10万㎞。インジェクターの交換歴もなく、いじったのはEGR制限プレート &...

続きを読む
EGRによる煤が溜まった状態で馬力は変わるのか?

EGRによる煤が溜まった状態で馬力は変わるのか?

RX-7のセッティングや新商品の開発のためだけに導入したわけではない、シャーシダイナモ&データーロガー 15万㎞走ったアテンザ、ノーマルの状態や、煤が溜まった状態、煤を掃除した状態、EGR制限プレートを取り付けた状態でパワーチャックをしたら  馬力は変わるのだろうか?  もし、カーボンが邪魔して馬力が落ちたとするなら・。。  掃除をしたら馬力が戻るのだろうか? 本当に、煤の影響はディーラーの整備士が語るように、カーボンが溜まっても走行に影響がないのだろうか? メーカーから『問題ないといいなさい』と言われているのだろうか?...

続きを読む
スカイアクティブD EGR制限の効果をシャーシダイナモで検証

スカイアクティブD EGR制限の効果をシャーシダイナモで検証

前回から始まったスカイアクティブディーゼルの煤問題に、数値的に検証してゆくプログラム  シャーシで回して検証するのは、走行距離15万㎞を走り切った初期型2.2D、アテンザだ この車両は、2012年に新車で購入するも、2015年3月31日、購入後2年4か月でエンジンが停止するという大問題が発生しエンジンを交換したアテンザだ。...

続きを読む
アテンザ 2.2D カーボン対策,シャーシダイナモでの解析 

アテンザ 2.2D カーボン対策,シャーシダイナモでの解析 

スカイアクティブディーゼルの不調の原因に攻めるべく、 いよいよ、この時が来ました。  馬力じゃなく目的は 寿命や燃費の向上を求め,サイクロンアースの製造や、EGR制限プレートの実験販売を行ってきました。 詰まったカーボンを取り除いたら、具体的にどのぐらい馬力が戻るのか?EGR制限プレートの効果、RECHARGE改善ソフトウェアでの対策によってはどのぐらいの変化をもたらすのかをシャーシダイナモで検証するのです。 この始まりが、ディーゼル復活への第一歩になります。 さあ、誰も迫らなかった現実に向き合う時間です!  走行距離15万㎞!!...

続きを読む
MAZDA6 25T S Package 300ps

MAZDA6 25T S Package 300ps

CX-5 2.2Dの記述に引き続き、マツダ6の2.5Lターボの解析の続きを行っています。 回転数ごとの回転数に対するトルクの補正を変えシフトアップのタイミング等を行っています。  この変更は純正制御MAPの5000回転から急激の落ち込むトルク感覚を引き上げ、6000rpm以上まで回るようになります。 左右をみくらべてみると、要求トルクという概念に絶対的な補正を加えている右と、やや高回転まで解放した左、見比べるとわかると思います。 MAZDA6 は重いです。1600㎏もありますからRX-7に対抗するためにはそこそこの馬力が必要です...

続きを読む
MAZDA6とCX-5

MAZDA6とCX-5

それぞれに順調に進んでいます。MAZDA6においては、5000開店から落ち込むなんてことはなく、一気に6000を超えていく結果となりました。もちろん、これは自社テスト車両でどのぐらいで壊れるのか?またミッションへの負担はどうなのか?限界値を探りつつ最終的には330Psを目指してゆく考えで、現在の300仕様でものたりないわけではないものの、やはりFCやFDと乗り比べると刺激が欲しいと思ってしまうからなのですが。...

続きを読む
MAZDA6 GJアテンザキャンバー調整

MAZDA6 GJアテンザキャンバー調整

どんな車でも車高を下げるとタイヤに異常摩耗が出て、タイヤの溝まで早期摩耗してしまう。 うちに来たMAZDA6はどうにもその傾向が大きい。よーく調べてみると後ろタイヤのキャンバーが1度もあるのだ!!  いわゆる 『ハの字』 だ!  タイヤの上部が奥に入って下側がちょっと飛び出してるし、ツライチでもなくなってる。  マツダ6はこのハの字の傾向が強く出る。 タイヤに良くないし、セダンに『ハの字』なんて、56歳の私どもにはもったいなくて。  20代の頃に戻った気分だ、と言えるのは40代までだから彼らにそういった事は...

続きを読む
MAZDA6 25T S Package 300ps

MAZDA6 25T S Package 300ps

この話は、あくまで僕の趣味の世界、空想だ。しかし300馬力は身近にある。 衝突ボディー設計も最新でぶつからない車がめっちゃ速い事に越したことはない 大好きなRX-7より早くて安全で快適ならガソリン2.5Lのターボに限らず、セカンドカーとして2.2Dの選択肢もアリだと思うマツダの初期型スカイアクティブディーゼルは確かにトラブルが多い、しかしその分価格もぐっとお手ごろになってきた。...

続きを読む
MAZDA6 25T S Package  New パーツ

MAZDA6 25T S Package New パーツ

新しいプログラムで、晴れた路面でも全開すればトラクションコントロールが必要なほど速くなったMAZDA6 25T S Package 2500ccのターボと言えば昔ははマーク2のツアラーVやチェイサーで280psをさらに350psへと引き上げて楽しんでいた世代も多いだろう。   とはいえ、環境エンジンになりそこまでは許されない。   ただ、、、、レギュラー仕様では230psって、ちょっと心もとない.42kgのトルクというけれどそんな体感はないよね。...

続きを読む
MAZDA6 サイドステップ 発売開始

MAZDA6 サイドステップ 発売開始

MAZDA6やGJアテンザの手ごろな価格のサイドステップがありませんでした、そこで通販サイトにおいて定価39000円で左右セット販売開始となりました。  在庫は4つありますのでお早めに。ボルトオンでボディー下の樹脂サイドカバーに取り付けるので金属のボディーに対して加工はありません。2012年式のGJアテンザにも適応します。 ジャッキアップができるなら腕前のよいプライベーターなら取り付け可能かもしれません。...

続きを読む
MAZDA6 サイドステップ発売

MAZDA6 サイドステップ発売

取り付け確認が終わっています。通販サイトに登場しました。39000円の予定です。 もうすぐ発売の予定です。 取り付けは純正のサイドアンダーを外して間に差し込んで取り付けします。尚、2012ー2020までは同じボディー形状なので初代アテンザから取り付けができます。...

続きを読む
MAZDA6 2.5TのDATA

MAZDA6 2.5TのDATA

今どきの制御の構造が変わった。  昔は、プロセスが中心だった。目的にたどり着くために前準備こそが中心だった いまやそんな時代ではなくなってきたよ、セッティングする時、もっとプログラムに頼り正確さと速さが大切だ。なぜなら昭和の頃とは違う要素が増えてきているからだ  点火タイミングや噴射量、簡単なO2センサーを用いてそれらの値を決めるという昭和な形式ではなくなった。昨今ではA/Fセンサーやノック信号や気筒内圧センサーまでも持ち出し答えだけを用意してまとめる方法になっている。...

続きを読む
初期型2.2Lディーゼル(アテンザ CX-5)

初期型2.2Lディーゼル(アテンザ CX-5)

10万㎞を走って保証の切れたディーゼル(まあたしかに、相当走りこんでるであろう)初期型ディーゼルの不調をソフト側からのアプローチを決めました ーーーもちろんテスト価格なので保証は一切しませんが!ーーー  今までEGR制限プレートで対策していた初期型ディーゼル2.2Lの皆さんへ朗報です、ハード側だけではなくソフトからの抜本的アプローチです。  現在、2012 年式のアテンザディーゼルは...

続きを読む

アーカイブ

最近のコメント

カテゴリー