認識されずらい、FC3Sに必要なサブアイテム

執筆者 | 6月 12, 2021 | Non-Fiction | 2 コメント

最も安定した走行の為に肝心なのがACVだ。ポートエアコントロールによる再燃焼はカーボンの洗浄を行い(これはMAZDAスカイアクティブディーゼルのDPFに似てる)圧縮の低下を防ぐ、また下がってしまった圧縮を蘇らせる必勝アイテム(ダッシュポットとの連携で無駄な燃料防ぐ減速時のアンチアフターバーン機構付き)

しかし、もう一つ忘れてならないのはダブルスロットル機構というアクセルを踏んだ時に混合気が一瞬薄くなるのを防ぐ機構。下の写真の黄色の奥にダッシュポットがスライドしてアクセルの全開茶道を一瞬セカンダリーだけ遅らせる。(とってしまうと息継ぎが発生する)

黄色い部分にはエアコントロールバルブのアンチアフターバーンバルブと相互協力によって減速時のガクガクを抑えるダッシュポットがある。エンスト防止の機構もあるけれどエンストよりも減速時の走行フィールをならだかにする効果のほうが大きい。

これらを取ってしまうと、のりずらい。

これらがあるおかげで街乗りのフィードバックに入りずらい状態でも混合気がリッチに(濃く)なりすぎないようハードウェア側からもサポートされています。

昨今、FC3SのACVがさらに劣化している車両が見受けられます。今のところACVの新品本体は手に入りませんが一部FD3SのACV中古部品を組み合わせて簡単に機能を取り戻した例を提案しています。(3つのうちの一個しか機能を補修するにすぎませんが)プライベーターやショップ等でなら作業ができる範囲です参考にしてみてください。

さすが35年という年月を耐えるなんて、マツダ純正のダイヤフラムは最高です。

 しかし、問題もあります。残りの2つを変える方法がありません。

左右に個所のダイヤフラムと同じ部品はもうないのです。そうなると、1,2年は持つかもしれない国産のダイヤフラムを使うか?やっぱりマツダで35年実績のあるダイヤフラムを作ってもらうしかないという事になります。

簡単に交換できるなら、いいのですがカシメ構造ですからおいそれとばかりに分解もできません。

オイルでジャバジャバ洗ったり高圧のサンドブラスターで外観はきれいにはなりますが、ダイヤフラムの劣化があるので加圧、負圧それぞれ確認だけしてそっとポートエアのバルブと紙ガスケットと、紙シートを新品にして戻すのが現状の方法となります。

2 コメント

  1. サル

    FD3Sでもダッシュポットがへたってくると、圧縮に影響が出るんですか?

    返信する
    • 店主

      減速時の制御の一つですから。

      返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

More Post

帰路にて

今回はスギちゃんより頂いたインプレの紹介ですー まだまだ台数としては少ない1.5Dの洗浄後のご感想を折角頂いたので! アテンザ達に比べるとエンジンが小さい分洗浄での効果は絶大なんですよー(^^)...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

最近のコメント

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。 https://youtu.be/Y954bBubJqQ

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...