FC3Sの触媒

執筆者 | 1月 30, 2021 | 新製品情報 | 6 コメント

FC3Sのメタル触媒には選択肢がありません。

内径が57パイしかないのです。(部分的には56㎜の場所もある)

みた目にも、フロントパイプを変えると、広がった排気ガスが触媒で絞られてしまいます。

そこで、、、これらを解決する為に、メタル触媒を販売準備中です。

6 コメント

    • 店主

      そこが問題w

      返信する
  1. せいけん

    現行、国産だと柿○改とかA’PE□iの70Φくらいしか選択肢がぁ~
    とわいえ、今度はマフラー側の入り口がぁ~
    ですかね。。。w
    悩ましいですね。。。

    返信する
    • 店主

      メタル触媒として手に入るのは現状内径56㎜になるんですよ。そこで、もう一手がほしいはずですしね。

      返信する
  2. つられクマー

    純正EcuベースのEcoCpuでブースト0.8縛りがある以上、内径の拡大はそれほど意味を成さないかもしれませんね。
    でも、新型基盤が視野に入っているなら・・・?

    他車用の製品でしたが、某A社の製品で、圧力で担体がダメになってしまう話を聞いています。それ以来、ずっと乗りたい車に付けるには、割と実績のない社外品は怖いと思っています。
    販売終了しちゃったメタリットは、EMITEC担体に住友製のコーテイング(純正触媒同様)で最高の耐久性を実証してくれましたが、それに負けない逸品であることを期待しています。

    返信する
    • 店主

      今販売されているスポーツタービンから出る320Psぐらいの排気は通してくれる径は欲しい。
      このメタル触媒パイプのサイズで測ると56㎜は、『タービンから離れて冷えてる触媒部』としてはもうちょっと余裕がほしい。

      フロントパイプもそろそろ腐食によって前期FCは腐ってる車もあった。

      お楽しみに。

      返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー