シャーシダイナモ RX-7セッティング動画

執筆者 | 9月 9, 2019 | 作業内容や動画チャンネル, 現物あわせとは? | 8 コメント

ホーム » blog » .facebook » 7に乗るならこの店舗 » 作業内容や動画チャンネル » シャーシダイナモ RX-7セッティング動画

一般的に『現車合わせ』に使われるのはシャーシダイナモだ

古くはボッシュのローラー式になり大きさも大きく設置も困難で、いまや軸受に直接据え付けられるタイプのものが主流となったが

それでもこういったシステムの償却費用は多大だ。
システムの維持をするためには、セッティング費用は6万円を超えるだろうし腕前や仕様によってはセッティング費用が10万を超える場合もある。半面たくさんのパーツを買えば売り上げに貢献してくれた代わりにサービスで行ってくれるところもあるとも思うが、利益がないことにはこういった機材を使ってセッティングはできないわけだ。

中村屋ではEcoCpuを通販で買ってもらったユーザのセッティングのほとんどはこういった機材を使用しない。使用しないから15000円で『現物合わせ』をするというわけでもあるんだが、そこは37年のRE整備士経験に基づいたデーター入力で体感セッティングを行っている。そもそも既に2000台以上通販で売った実績と経験があればマフラー交換レベルでは目標馬力は外さない。(しかし20歳を超える7だからセンサーの誤差やエンジンやタービン劣化等もあるけれど)馬力よりエンジンを壊さないこと、壊れそうなときには壊さない馬力に抑えて今まで頑張ってきた7のエンジンを守りつつできる限り最後までユーザーが安心して乗れることが大前提。持ってきてくれれば状況は変わる、通販の時と違ってナマでその車両を目の前にして行う入庫時の問診は重要なことだ

予算を中心にこの7を守る方向なのか?
それとも、、、攻める方向なのか?

いや、もちろんEcoCpuを選んだ時点で守る方向になってるはずだ、馬力がほしいならPFCやFconにしてほかのショップにいくだろう。いろんなパーツの装着やEvcによるブーストの制御で用途を変えることも自由自在なわけだろうし、今や社外パーツはおしゃれな機材でもある。過去一世を風靡した昭和の頃のレビックなんて知らない人が多いだろう。またもちろん、そういった過去のリスクと背中合わせになる一瞬の栄光や多くの失敗や挫折を超えて来たからこそ。次の世代にRE整備士やユーザーも育ててREという文化を継続しなきゃならないとおもってる。

 

 

定価15万円のEcoCpuで出来ることはたくさんある、消費税を入れても162000円(10月からは増税を受け165000円)で叶える夢は燃費や圧縮の改善、乗りやすさ、補器部品交換(マフラーやインタークーラー等の交換)に合わせたDETAやブーストコントロールで得る馬力。そして純正ベースゆえの『古い7だからこそダイアグシステムによるユーザーの管理と、エンジンを守るセーフモード』と、、、一回の出資で得る効能は多彩だ。多彩ではあるがこれを今から更に15年、20年と恒久的に継続するのが難しくも、これからの7に乗るユーザーの絶対目標となる。メーカーと7ユーザーが直接話をするパーツフェニックス活動(生産終了部品の再生産活動)はりんくう7DAYから生まれた活動だ。

そこで中村屋ではCPUの寿命にも貢献する省エネ型センサー類や国産で反応速度の速いセンサーのデジタル化に一層注力してゆく。

この度、エンジニアリングサンプルを得たユーザーからの評価の基にデジタルスロットルセンサーを販売する。目前にしてデジタル式のチェッカーを作ったわけだが一瞬にして売り切れてしまった、みんなが期待してくれていることはわかる。もうすぐリリース予定だ。

こういったユーザー達でもできる作業や維持のサポート活動の手助けとなるツールを作っていくのも使命だと思っている。

いかがだったろう?整備士37年の回顧録は?というわけで、、中村は今週の火曜、9月の10日で55歳になります。だから出荷も作業も、問い合わせもぜーーーんぶ、、誕生日の9月10日まで休みです。

8 コメント

  1. 神戸

    誕生日おめでとうございます。
    休暇を満喫して下さい。
    デジタルスロセン期待してまーす♬

    返信する
  2. 小森 整治

    ちょっと早いけどお誕生日おめでとうございます。昨日やっとの思いでデジタルスロットルセンサー取付しました。
    今日試走するつもりですがまだ台風が居るので、午後からですね。

    返信する
  3. ぽん

    お誕生日おめでとうございます(*´∇`)ノ
    今後ともよろしくお願いします!

    返信する
  4. てつ

    お誕生日おめでとうございます!!健康に気をつけて、今後もたくさんの方々のロータリー車を守ってください!!

    返信する
  5. 店主

    ありがとうございまああーーす。

    返信する
  6. 40のFD乗り見習い

    初にコメントさせていただきます。
    今年の8月からFD3Sに乗り始めた者です。
    ロータリーエンジンを壊さないように乗るためには何をしたらいいのか、これから10年乗り続けるためには何をすればいいのかを探してここに辿り着きました。
    DIYなんてしたことなかった人間が、ここの記事を読んで各種センサーを取り付けたい!プラグくらい自分で交換できるようになりたいと思い、日々勉強させていただいています!(ツールセットも購入してしまいましたw

    私には、中村さんとこのページから得るものはとても多く、ProjectPhoenixから得るものもまた、代えられないものです。
    どうぞ、健康に気を付けて、これからもどうかよろしくお願いいたします!
    お誕生日おめでとうございます!!

    返信する
    • 店主

      応援ありがとうございます。確かに整備士でなければ触れないことが多い車ですが、現状日本のマツダディーラーや整備事業者に恵まれている地域もあればそうでない地域の方が多いのも完全なる事実です。ですからこそ、ユーザー自身が知っておくべきこと、また経験しておくべきことが書いてあります。
      仮に大病を患って病院に行くとき、下調べしますよね?病状から自分の病気や今後の治療内容についてしっておけば、医師からカンファレンスを受けた時に、わかりやすく。またこの医者はダメだとかこの医者に任せたいとか、いろんなことを感じるはずです。その基準となる案件がこのブログには書いてあります。これからもたくさんの7に乗る有名ショップに遠い人や、身近に頼める整備士がいなくて自分でやるしかない、また自分でもやってみたいと思う人の為に書き続けることにします。

      返信する
  7. KEBIN@青FD

    お誕生日おめでとうございます!
    まだまだお元気でたくさんのセブンを救っていってくださいね!
    また、夫婦でお邪魔した際は、よろしくお願いします!

    返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー