クラウン純正デッキのオートラウドネス解除

執筆者 | 4月 25, 2010 | カーオーディオ, クラウン純正デッキ改造 | コメント0件

クラウン純正デッキ内臓のオートラウドネスは悩みの種です

低域や高域が純正状態ならノープロブレムでも、外部アンプやSPによってはえらく邪魔になります

純正のデッキ音がこもってる原因のオートラウドネスカット。

純正デッキの音がわるく、アンプを追加しても声がドアにはりつくと思います

これは電子ボリュームの”ラウドネス”機能が働くためで

以下の危険作業??で回避できます

A&Bのプリントをカットします 上下、左から3番目の配線でR&LそれぞれのラウドネスCLですのでカットすると補正回路が働きません。

 が、、、デッキを改造するリスクを背負ってくださいませ。

ロイヤルサウンドの場合カセットデッキの中に電子ボリュームがありました

.

.

 ダッシュのうえにあるボリュームノブは、
 デジタル信号でデッキ内部のプリアンプ部、
 また電子ボリュームSANYO製LC75386NEをコントロールします

 写真のチップ、上下左から3番目の線をカッターでカットします
 
上のの画像、クラウンのボリュームに入ってるラウドネス曲線です。ボーカル域にまで達する特性ですので純正では問題がなくともパーツ交換でバランスは一気に崩れ去ります
2箇所の線をカットすることでフラットになりました

ボーカルがセンターに移動します。助手席でも運転席でもセンターに集まってくれます

0コメント

トラックバック / ピンバック

  1. クラウン純正デッキ ラウドネス 改善 - [...]  前回はラウドネスそのものをカットする回路を説明しましたが  今回は…
  2. まだやってるぅう~~ - [...] カットのやり方はここだ え?なんでいつまでもおなじことやってるかって…

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

More Post

まだまだ検証が・・・

自分のFDで一踏みしたら元気になれる気がするスギちゃんです。 今回はSKY-Dのカーボン清掃ですー...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。 https://youtu.be/Y954bBubJqQ

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...