FD3S タービン取り外し、4つの鬼門 No1

執筆者 | 4月 28, 2017 | 純正タービンを外せ”! | コメント0件

ホーム » blog » EcoCpu » FD3S » 吸排気系統 » 純正タービンを外せ”! » FD3S タービン取り外し、4つの鬼門 No1

前回の記事の続き、、(←正しく仕上げたいなら、よんでおくようにー)1番のリヤ側のターボの吸い込み口、すなわち。。。これだ。

これを何としても外したいわけだが、これがクラッチマスターに当たってナットを外してもボルトが当たり抜けないはず。ならばこのスタッドボルトを専用工具、なければダブルナットで抜いてしまえばいいのだ。下にもぐって抜いてしまえ、そうするとかなり自由な空間が出来上がる。

そしてその自由な空間を使って、
前回の2番に書いた 2-1集合部が外せない(前に抜きたいが、ボルトが当たって抜けない)という問題は簡単に解決することになるだろう。

こんなにも、ガラガラのエンジンルームになるはずだ、、となると、、

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー