メタリット 生産終了されています

執筆者 | 5月 20, 2010 | メタル触媒はRマジック, 伝家の宝刀メタリット | 3 コメント

ホーム » blog » EcoCpu » FD3S » 吸排気系統 » メタル触媒はRマジック » メタリット 生産終了されています

対策されていますね

数件、このフランジが走行中に取れることがあったようですが
ユーザーの声をフィードバックして改良してあります
最近の製品はこのように対策してあるので、さすが伝家の宝刀といったところです。

アールマジック製はこれにサイレンサーが付きますので
すこし、重くはなっても音が静かになります

3 コメント

  1. あきひと

    スポーツ触媒について質問です。以前、雑誌で純正触媒サーキットを全開走行すると即壊れるという記事を読んだことがありメタルキャタライザーの購入を考えていましたが本当に直ぐに駄目になるものなんでしょうか?

    走行距離も10万行ってますので交換した方がいいと思いますが。そこで、サーキットでのドリフトメインに使う予定なのですが、やはりメタリットのプロの方を買ったほうがエンジン、メタリットの耐久性は良いのでしょうか?

    後、最近のドリフト界でマフラーの出口の方に触媒を移動して排圧を抑えるチューニングが流行って来てるようですが中村氏から見てこの触媒移動のチューニングはどう思いますか?

    返信する
    • nakamura

      即壊れるのは、エアポンプが停止しているか、燃料補正をせずマフラーを変えて薄い状況で走ってるとか、に問題があるからです。
      マツダのテストドライバークラスであれば耐久性が下がるということもありますが
      普通のひとなら、相当の走り込みをしないと壊れたり割れません、10万kmといってもまず、ほかに必要なものを順番に仕上げてゆくほうがいいとお思います

      排気圧を抑えるほど、走り込みをするのか?
      馬力もどの程度なのかによります、たとえば320ps近辺なら無視できます
      これが、400を超えてくると対策は必要でしょうが、その他の部分も壊れてくる時間が短くなるので予算との兼ね合いで目標馬力を定めておかないと、1年走ることどころか、維持そのものが難しくなりますよ。

      返信する
  2. あきひと

    ありがとうございます。良くて300馬力出ればいいと思ってるので純正の触媒の状態みて判断します。

    返信する

トラックバック / ピンバック

  1. iladykejym - iladykejym... Henry Mortensen...

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー