FD3S 点火コイル交換方法

執筆者 | 4月 5, 2011 | アースシングポイント, 点火コイル | コメント0件

ホーム » blog » EcoCpu » FD3S » 電装部品 » 点火装置 » 点火コイル » FD3S 点火コイル交換方法

FD3S 点火コイル交換方法、参考

.
.
.

中村様

土曜日はお世話になりました。
帰りはホントとても気持ちよく走れました。
現車合わせのすばらしさに加え、オーディオについても
まさに調律のセンス良さに驚かされ感動しました。
楽しい時間をありがとうございました。

コイルの件ですが、ディーラーに問い合わせてみました。
L 19400円 ×1
T 19400円 ×1 20300円 ×1 (なぜか値段がちがう)

高いですね。
3個とも一度に交換した方がいいのでしょうが、
怪しいLを1個だけってのは?

吸気温センサーはついている場所がわからず…
値段も調べてもらっています。

予定していた足回りのブッシュ交換にあわせて、クラッチ交換を、と考えています。
ちなみにプラグコードは、NGKパワーケーブルを注文しました。
コイルとプラグコードの交換くらいは、自分でやろうかと思っています。

消耗品の交換と整備で、もっと楽しいFDになりそうです。
今後も、いろいろアドバイスをいただけたら、ありがたいです。
よろしくお願いします。
.
.
.
。。。。。。。。。。。。。。。。。。
.
.
.
残念なことに。6型でもスロットルセンサーが壊れていましたので急遽交換となりました
ダイアぐチェックで18番が出ていましたね。
この交換によりギクシャクした感じがずいぶん楽になりました
新しいといえど、6型スピRでもそんな年式です、皆さんもぜひ交換してみてください。変わります

コイルはL側が特殊な形ですので値段がちがい、一個でL側のF.R同時に飛ばす性能を持つので一こです
吸気温度センサーは、サージタンクの裏についています、品番はメールしておきました

コイル交換の方法はこちらを参考にしてください
まず、スロットルボディーをはずしてから
はずしかた、参考に。。ここでコードまで苦労してぬく必要はありません

サージタンクをはずしましょう

アースも見直しましょう1

ここも参考に見直しましょう

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー