エアポンプ分解してみた 1

執筆者 | 12月 29, 2011 | エアポンプ分解と作動 | コメント0件

お待ちかね、前回の公約とおり?分解じゃ

意外と、ばらされること,無いエアポンプ。
旧世代と違う箇所は、

 電磁クラッチがついたこと
 SA時代と違って、

 ベーン(アペックスシールみないなもの)がスプリングで伸縮しないこと 

 
  この、棒がささって、ベーンの位置を固定している
  ベーンのついたY型のケーシングに対してベルトでインナーハウジングが回り
  この棒のオフセットからくる位相差で、容積を変えているんだ

  え?暇なのかって?

  ああ、僕はいつも誰もやらないこと、大手会社じゃ出来ないこと
  つまり、ロンリーな自分の立場でしか出来ないこと
  好きな時間に好きなだけやって、人生を楽しんでるよ。

次は、動きの説明をしよう。ね。

  あ、Aが磨耗部、粉塵が入り込むと、異状磨耗して

   アペが折れる w

   ベークライトだがら衝撃にも。。。弱いんだよ

続きは右下、薄くなってるタグ”エアポンプ分解してみた”をクリック

0コメント

トラックバック / ピンバック

  1. エアポンプ 分解 | 中村屋 EcoCpu BLOG - […]  4年前に中村屋で分解した時の記事、そして。。。 [R…

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

More Post

まだまだ検証が・・・

自分のFDで一踏みしたら元気になれる気がするスギちゃんです。 今回はSKY-Dのカーボン清掃ですー...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

最近のコメント

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。 https://youtu.be/Y954bBubJqQ

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...