このタービンは最強です

執筆者 | 11月 24, 2020 | ハイフロータービン | 12 コメント

ホーム » blog » EcoCpu » FC3S » ハイフロータービン » このタービンは最強です

負圧域からのトルクがすごい。純正タービンより2割増しの低域トルクでありながら、高い回転でも純正タービンを2割増しでグイグイFCを押し出す。

2500回転を超えればいつでも加速状態に入る。シーケンシャルツインターボの機構を持ったFD3Sのような低域トルクだ。右の写真へとサイズアップしたタービンのサイズから見た目の想像を覆す低域のレスポンスがすごい。純正ターボ特性だとこうはいかない、3000回転をこえてこそ勢いがついてくる。500回転の差だと侮るなかれ高速道路での70Kmー100Km 5速ホールドでは相当差が広がる。もうわざわざ4速に落とすことなく、なんなら6速がほしくなるだろう。(作るか!)

純正のインペラが古い設計であることは事実だが20世紀の設計から21世紀の設計によって得る効率の差に愕然としてしまう。

 いわゆる昭和設計から現代設計へとのタイムスリップ感を味わえる。

1速は一気にフケ上がりレブリミットを守れないかもしれない、気を抜いた店長も中村もブザーを鳴らしてしまった(俺はわざとだ!と言っておくw)。安物タイヤなら食いつかないから確実にブザーを聞いてしまうだろう。2速、、いや3速以上ならFCにのるユーザーならレブを守ることができるだろう。去年GCGと協力してハイフローを作ると公言したモデルが遂にリリース前のテスト評価の為、海を渡った。すべてが新設計、これはエンジンダイナモならずタービンダイナモにかけられ、RECHARGEのシャシダイナモで特性をフォローされるだろう。

FCユーザーなら回転数はトルクの落ち込みで判断してるはずだ、・・『トルクが落ち込んだらシフトアップしよう~』なんて気を起こしてはいけない。1速2速に全くその気配はないから注意だ

右のFC3Sに与えられたタービンがこの冬にRECHARGE株式会社からリリースされるハイフロータービンだ。純正インタークーラーとメタル触媒の組み合わせで最大0.8㎏ー高回転で0.6㎏のブーストMAPセットとした(純正タービンはいくら頑張っても高回転では0.4㎏まで落ちてしまう)

走行フィールは以下のようなイメージだ、ノーマルなら5000回転を超えるとやる気がなくなる部分、しかしこのタービンは見事に解消するのに低域がすごく乗りやすい。

もちろんCPUで純正ブーストソレノイドを駆動してるからノックリタードも水温リタードも有効だ。しかし純正のインタークーラーではもはや役不足だと言わねばならない、純正205馬力のキャパではチョークが始まってしまうからだ。

全てが無加工で取り付けができる、純正が下取りでベースだから水冷で耐久性も高い。この純正チックなエンジンルームでありながら250psを安定して出力する。

ここにRECHARGEのインタークーラー(ARC製)を組み合わせれば280Psを安定して出すことができるだろう。純正のロータリーターボの赤い文字のプレートが付くモデルだ

もちろん、310PSという純正インジェクターの噴射量限界まで引き出すことも、いとも簡単だ。しかし車両とのバランスが崩れるので今のままでもくたびれた前期のFD3Sをスッと抜き去る程度で十分じゃないだろうか。少なくとも馬力を売りにしたタービンではなく『リビルトのその先にあるタービン』というスタンスだ。

33歳を迎えようとしている古いFC3Sだから、圧縮の低下のプロセスも十分気を付けなければならない。3万㎞しか走ってない極上の中古車が相当高額で売られてはいるが、古くてもいい壊れたら治す圧縮が全体的に低下しても原因を追究してエンジンを分解せず治すというスタンスでFC3Sと付き合っていこうじゃないか。

昭和なFC乗りなら店長のブログも是非参考に

12 コメント

  1. Tom

    とても魅力的なコンセプトとトルクカーブですね。

    排気はメタル触媒のみですか?フロントパイプやマフラーを太くする必要はありますか?

    返信する
  2. mizutani

    FD版も作ってください!

    返信する
  3. 店主

    フロントパイプやマフラーは変えています。Fパイプは純正でも240Ps ぐらいは発生可能ですがさすがに触媒や純正マフラーだと馬力は厳しいです。(Fパイプ部は高温の為に質量が少ない、触媒以降は温度が下がるので車検対応レベルのマフラーが好ましい)

    返信する
  4. 店主

    FD版は、シングルにする事は考えていませんでした。@w@

    返信する
  5. チャーハン

    ARCインタークーラーとこのタービンでは、優先して購入すべきはどちらでしょう…?
    ボーナスカットの私には今の予算は10万、絞り出して15万です。

    返信する
  6. 店主

    まず、インタークーラーですね

    返信する
  7. つられクマー

    こういった、純正プラスアルファなアイテムいいですね。

    初期投資以外に失うものがなく、発売から30年の技術進歩の恩恵を受けられる。

    過去にセブンマガジンにアンフィニ5を作るって企画がありましたが、最近のアイテムはまさに、純正の先にあるアンフィニ6を作っているような感じですね。

    返信する
  8. KOO

    ATとのマッチングが気になります!

    返信する
  9. 店主

    イイこと言ってくれますねー

    返信する
  10. 店主

    ATとの相性も抜群でしょう、一気にマニュアル車を抜きされる勢いかと思います。

    返信する
  11. anfini

    コメントでは初めましてです。
    瀬戸大橋で繋がる四国でマツダのディーラーメカをしております。
    さてはて、ウチのお店でも車検に入ってくるfcの排ガスの数値に苦慮しております。
    安定した実績のあるメタリットが新品で手に入らず、某オークションで要らぬ出費をしてしまうユーザーに救いの手を差し出して頂きたい。
    多少高価になっても確実な排気清浄性と消音性、耐久性を兼ね備えた「間違いない」メタル触媒を作って頂けませんか?
    期待を込めて、発注出来る時をお待ちしております。

    返信する
  12. 店主

    ディーラーメカの方へ。
    FC3S用はのサイレンサー付きメタル触媒は3月頃になるとはおもいますが、確実に造りますよ。

    返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー