400PS 14万km走行のアペックスシール 比較画像

執筆者 | 4月 20, 2010 | アペックスシール, 痛恨のエンジンブロー | コメント0件

なぜ?壊れたか?くわしい流れはここのバックアップみてね

上が14万km走行のアペックスシール、トップ
下が6万km走行の中古アペックスシール、トップ

すでに高さが4mmありません
中古6万km走行の方はまだ、6mmもあります

ここまで使えたのはマツダ純正CPUのおかげです
ノックレベルが高いと勝手に遅角してくれたり、エンジンを極限まで守って最後までアペを使わせてくれました

エンジンが壊れた後、満身創痍のワンローターで走行して帰ってきたのでローターが真っ黒

くわしくは痛恨のエンジンブロー

3ピースですが、一番磨耗の激しいトップだけ

こうして差し込むと・・・・

で、で、でるッ!!!!

さすが、平均圧縮7.9!納得です

ローターハウジングに飛び出す量が2mmなのに。
14万も走ったローターハウジングなら飛び出す量も増えて2.5mmにもなります

ということは、たった1.5mmでローターに引っかかっていた?という計算になります

6万km走行の中古アペを刺すとこんな感じです

ね?普通でしょ??これならまだ使える

吸気温度や、硬すぎないオイル、燃料調整
すべてがバランスされると、

もっと長くエンジンが使えたのに。

もったいない・・・・
これだけ高さがあれば圧縮8.5~9.0はあっただろう

ps

7DAYで行った17台連続測定、平均圧縮はこちら。
http://minkara.carview.co.jp/userid/397186/blog/c437534/

4

これは、イカンでしょ??

回転していたら勝手に出てきてしまいそうだ

ま、よくも動いていた事が・・

壊れたエンジンを直すこと
新品エンジンを買って載せる事や
壊したエンジンの数や馬力がエライんじゃない。

どうにかこうにかして、工夫しよう。実践で学ぼう。

ノーマルでもいい、大事に乗ろう、故障も自分で予知して乗り切ろう

 で。。。

ここまで使えば君もロータリーマイスター

分解されたエンジン、さすが14万km、距離相応の真っ黒だねw

タービンに折れたアペックスシールがぶつかり、無残な姿

14万km、果敢な最後でした、ブロー後、不完全燃焼で走って帰ったせいで、ローターも真っ黒

分解したアペがエンジン内部でかき回して悲惨です

エンジンが不調になったあとも、公道だったので
はしってかえらねばならず、さらにかーぼんが大量発生して
生きてるシールもカーボンロックで、出てこれなくなります

へこんだままの、、悲しいアペックスシール
ドライバーで突いて元に戻してあげました

まさに、、おくりびと気分も味わえます

角度を変えてみてみると、こんなに短くなっちゃって・・・

   ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!

え?判らない??

トップのアペがこの写真ではコーナーシールにさえ届いてないでしょ?

下を見てください。

6万km使用の中古アペックスシールを差し替えて見ました

見比べてみてください。

ね?本当はまだ使えた?
う、、、う、うん、馬力さえ下げて管理がよければまだ使えたアペです

確かに10万kmまでは結構ハードに走りこめたのです
ただしそこはやっぱ400ps、それ以降はけっこう大事に乗ってあげたんですが・・・

今回の吸気温度測定中に・・・息絶えました。

0コメント

トラックバック / ピンバック

  1. 市場最高値、超オカルト、高額商品ゆえ、、、 - [...] ってないはずだしね。   14万km走ったエンジン に比べれば。・・…
  2. 中村屋BLOG » 治る圧縮、治らない圧縮の見極め - [...]  で、実際に6万km程度ではこのぐらい、高さが残っているはずです。(…
  3. エンジンが不意に壊れた、、orz圧縮は単なる参考値という見解は甘い | 中村屋 EcoCpu BLOG - […]  さっきまで、、いままで動いていたんだよ  アペックスシール…

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

More Post

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。 https://youtu.be/Y954bBubJqQ

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...