CX-5 EGR制限プレート取り付け レビュー

執筆者 | 1月 13, 2021 | :Diesel engine | 4 コメント

ホーム » blog » :Diesel engine » CX-5 EGR制限プレート取り付け レビュー

お世話になります。
先日は、ご対応、部品の取り付けありがとうございました。
その後、少し備前くらいまで乗ってみました。 1700回転位がスムーズにまわるようになったので、力強さが戻ったように体感できました。
また、街乗り(家(垂水)のまわりの坂道など・・・)も、常用域の1700回転くらいにもたつきなく、まわるようになったので、こちらも大変乗りやすくなりました。
車両のcom(i-DM?)のスコアが5点!?出ました。<<<いままで、頑張って4.2-4.5くらい・・・
またなにかあれば、相談のってもらえるとたすかります。
ありがとうございました。

カーボンの発生源であるEGRの使用量を車検が通る範囲で制限するのが、『EGR制限プレート』です。そろそろ12万㎞を超えてディーラーにもっていっても 異常はありませんね、、といわれるだけで困ってる方へ、最後の手段として提案しています。

ソフトウェア上でも制限が出来るよう、新しいチャレンジを行っていますので時折チェックしてみてください。

4 コメント

  1. よしろー

    初めまして、私はCX-5にはあまり詳しくは無いのですが、ブログを拝見していて気になった点があり、投稿いたしました。
    CX-5・アテンザのこの問題は、
    『スカイアクティブD2.2の初期型エンジンにのみ発生している』
    と、こちらのブログで読んだ記憶があります。
    初期型からエンジンの改良は2度あったと記憶していますが(間違いだったら申し訳ありません!)、1度目と2度目に改良されたエンジンにこの問題は発生していないのでしょうか。
    改良後のエンジンを搭載した、10万キロ以上を駆る車体が少ないために問題が発生していないというのが実状でしょうか。。。

    返信する
    • 店主

      多いのは2.2Dの初期型で10万㎞です。その分中古車市場も安くは買えるというのもポイントですね。中期は乗っていませんので不明です。そして、、2.2Dの最終型では聞きませんね。予防の為にEGR制限プレートを入れられる方もおられるでしょがそれもまだ新しい車両なので結果が出ているという訳ではなく、未知数です。

      返信する
  2. よしろー

    そうですか。。。一応改良後に不具合は出にくくなっているんですね。もしここを見ている中期乗りの方がいましたら是非お答えいただきたいものです(笑)やはり新しい車両では未知数ですか…今後の動向を楽しみにしています。
    ありがとうございました!

    返信する
    • 店主

      後期と言える車両ではまだ距離が稼げていないだけ、という見解は持っていた方がいいでしょう。アドブルーを使う海外の車であっても距離を走ればEGR周りで何らかの症状はでるSNSで見かけます。規制が甘かった時代の車両と規制が厳しい現代の車両ではパーツ点数が増え故障も増えるのも避けがたい現実です。

      返信する

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー

アーカイブ

カテゴリー