P-FCから乗り換えました

執筆者 | 8月 10, 2020 | P-FCから乗り換えた | コメント0件

中村屋中村様、整備をしていただいたすぎた様、ふじた様(名前うろ覚えですみません…)お世話になっております。一昨日、一日かけてつきっきりでFDを整備していただいた愛知の@@です。新型コロナウイルスの感染拡大により、愛知のよそ者は避けられるかなと思っていましたが、みなさんとても暖かく接していただき、整備士としてだけでなく、FDオーナーの先輩として、たくさんのお話をさせていただきました。

整備を拝見させていただき(監視じゃないですよ笑)、一番感じたことは、どの作業をとっても丁寧で、知恵があったということです。24歳の老体を整備するための知恵や知識がふんだんに盛り込まれた作業にとても安心し、全国からRX-7が集まってくるのも納得です。(自分もその一人です)

皆さんにまるで新車だわと言っていただけるまでに整備していただいたFDですが好調そのもので、Power-FCのときと比べては、まるで時代の違う車に乗っているようで、前回ECOCPU-Vを装着していただいたに比べては、別の車に乗っているような感覚です。
父に乗ってもらいましたが、Power-FCのときのほうがスポーツカー感があったと笑ってましたが、今のほうが下からトルクが出て乗りやすいと言ってました(どっかんターボ世代なのですみません…笑)

中村さんに言われた通り、帰りは100km/h巡行で我慢しましたが、それでもはっきりとはっきりと体感できるほど下からのトルクにあふれ、燃費も抜群によくなりました。(おそらく11km/lほど出てると思います)
もう本当に感謝しかありません!!!

ECOCPU装着時に見られた

・冷間時のラフアイドル(ノッキングによる車体の揺れ)
・カーバッキング
・信号待ちでエアコン使用時に回転数が落ちる
・アフターファイヤー(特に冷間時)

という現象は、今のところ感じられず、絶好調そのものだと思います。
少し気になる点としては、冷間時、エンジンかけて2000rpmほど上昇ししばらくそのままの回転数で、一気に1100rpmまでストンと落ちて、若干アイドルが不安定になり750rpmになるという感じです。まだECUの学習が十分ではないかもしれないので、日ごろからフィードバックゾーンを意識して様子をみたいと思います。また気になった点がありましたら、連絡させていただくかもしれません。ECOCPUブログを知り、そこからECOCPUという素敵なまるで夢のようなECUを知り、その関連で中村屋(RECHARGE株式会社)にたどり着くことができたご縁に心から感謝しかないです。次回伺うときは、狂いに狂ったアライメントと、現車合わせができたら…という期待を持ちつつバイトを頑張ってお金を必死に貯めたいと思います。

暑い日がこれからも続きますので、どうかみなさまご自愛くださいませ。
今後とも、私のFDとのお付きあいをよろしくお願いいたします。

PS
山Pさん、たくさんお話していただきありがとうございました。白のFDにBBSのLMがめちゃくちゃ渋くキマってました!新製品、出たら即購入しますので楽しみに待っています。

。。。。。。。。。。。。。。。

20年も経っているのでサーモワックスの交換時期になっていると思います。これは冷えているときにエンジンの回転数を『機械的に熱膨張して伸びる樹脂』を使った機構でスロットルバルブに取り付けてあります。これを新品、もしくは再調整することで完治すると思われます。また遊びに来た時に、ちょいと見てみましょう。

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

More Post

かようびから現場は

エンジン交換に入りました。 なぜか、3羽ガラスのように。。。 一台の仕事を3人で。 だから、、、2日目にはもう乗っていて その場にあるはずのおろしたエンジンも片づけられている...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

最近のコメント

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。  FD3Sアイドリング不調は前期や後期に限らずスロットルセンサー不調やダイアグコードで拾うことが多いが56番を発することでレモンバルブやACV等の交換を行う事で改善できた。...

インタークーラーを交換したら

馬力が上がりませんでした..  内容は長編で、十分見ごたえのある内容です。  業界を震撼させる内容です。  また、RECHARGEの超高速吸気温度センサーしか、選択肢が無いと言える内容です  センサー開発にはロボット工学や電子工学で有名な〇田製作所の機材で十分テストして作りこまれており、最速の測定時間を誇るエレメントを使用しています。...

実際の吸気温度

データーを見返すと、 `とても興味深いデーターも取れた。(この画面では3つも打ったからややこしくなりすぎるので表示してないけどね) サージタンクの中で起こる乱流は時速数百キロを超える高温、高圧なのだ。  見たいでしょー  そこで、今後、それらデーターのログも表示させることにしよう。  もちろん、純正吸気温度センサーとの比較も行ってゆこう。 ただ、ここで一つ言い訳して謝っておくべきことがある。...

ARCインタークーラー

カーボンインテークで馬力が上がるのか?シャーシダイナモで検証してみました。一番難しいポイントはパーツ変更によるブーストの変化です . 予告編ですが、シャシダイナモでの注意点もあります。3分ほどですので気軽に見てください。  本編を見逃さないように、チャンネル登録と   高い評価よろしくお願いいしまーーーす。   、動画を作るモチベーション維持の為に   、よろしくお願いします。 。応援してねー...

ARC インタークーラー

取り付け動画です 吸気温度の低下は馬力の向上だけではなく、エンジンやタービンの寿命にも影響します。言い換えればそんなにアクセル開けて走らない人でも、交換する理由になります。...

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。...