EcoCpu届きました

執筆者 | 7月 12, 2011 | お便り インプレ | コメント0件

ご連絡ありがとうございます。
昨日の夜に受け取り、無事インストールも完了しました。

7dayに参加した後輩君も誘って、夜にセコセコ自宅前で
装着し、インプレをしてまりました。

わずか、30分程度でしたが、簡単にインプレを。

(1)冷間からのファーストアイドルが、静かになった。
   ・純正が1500rpmくらいまで跳ね上がるのに対し、1200rpmくらい
    これが静かさの要因の1つ
   ・排気音そのものが小さく感じる。
    →燃調が濃いとき特有の篭った音ではなく、きれいな音

(2)発進がしやすくなった。
   ・1200~1500rpmのトルクが明らかに太くなった
    また、ガクガクするはずwの低速が使える

(3)燃費
   ・インフォタッチで確認していましたが、
    ファイナル4.3で4速の状態で普通に8~9km/l位出ます。
    驚きです。
    2km/L程度良くなってる感じです。高速だと簡単に10km/L出そう

(4)加速レスポンス
   ・2,3速が圧倒的に使えます。
    シフトチェンジで踏みなおしたときにもっさりとする感覚がなくなりました。
   ・トーヒルもさらにしやすくなりました。
   ・セカンダリの切り替わりがさらに目立たなくなりました。
    (Y字にセパレーター…仕切り)が入っていますが、ほんとうにスムースです。

(5)パワー感
   ・フラットすぎて、メリハリ感はないですが、後輩と2人で”速い”とうなりました。
   ・本当はサーキットを走るマシンなので、物足りなければ、ブーストUPを
    と考えていましたが、P側0.72 S側0.68で走らせても、とてもレスポンスがよく
    満足です。
   ・実際に、寿命を無視したら、一発アタックでどこまでパワーが搾り出せるのか
    気になりました。

(6)その他
   ・来週末から長期インプレを続けたいと思います。安い買い物ではないですが、
    購入してよかったと本当に思いました。後輩のFDも近々導入したいと言ってました。
   ・これで、現車合わせをしたら、どれくらい気持ちよくなるのか、楽しみができました。
    本当にありがとうございました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

インフォタッチでの確認は、軽い走行だけに限定してくださいませ
CPUの処理能力の余力がありません、もしや全開時に転送やバグると
エンジンにダメージが入る可能性もありますので、ご理解くださいませ。

今後も長く7と付き合えるよう、発生馬力と耐久性の比例を理解していただき
ノンOH16万km走行を目指してくださいませ。

お越しいただく前にはメールで予約確認をおねがいしますねーー

また、燃費がよくなるのはマツダCPUの基本がよくできているからです
単に仕様に見合ったパラメーターの書き換えをさせていただいた結果で
これに、よく管理された7だと圧縮が伴います、ユーザーの愛は圧縮に反映されます

 今後も圧縮の推移と燃費を参考にしてくださいませ

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

More Post

かようびから現場は

エンジン交換に入りました。 なぜか、3羽ガラスのように。。。 一台の仕事を3人で。 だから、、、2日目にはもう乗っていて その場にあるはずのおろしたエンジンも片づけられている...

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

最近のコメント

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。  FD3Sアイドリング不調は前期や後期に限らずスロットルセンサー不調やダイアグコードで拾うことが多いが56番を発することでレモンバルブやACV等の交換を行う事で改善できた。...

インタークーラーを交換したら

馬力が上がりませんでした..  内容は長編で、十分見ごたえのある内容です。  業界を震撼させる内容です。  また、RECHARGEの超高速吸気温度センサーしか、選択肢が無いと言える内容です  センサー開発にはロボット工学や電子工学で有名な〇田製作所の機材で十分テストして作りこまれており、最速の測定時間を誇るエレメントを使用しています。...

実際の吸気温度

データーを見返すと、 `とても興味深いデーターも取れた。(この画面では3つも打ったからややこしくなりすぎるので表示してないけどね) サージタンクの中で起こる乱流は時速数百キロを超える高温、高圧なのだ。  見たいでしょー  そこで、今後、それらデーターのログも表示させることにしよう。  もちろん、純正吸気温度センサーとの比較も行ってゆこう。 ただ、ここで一つ言い訳して謝っておくべきことがある。...

ARCインタークーラー

カーボンインテークで馬力が上がるのか?シャーシダイナモで検証してみました。一番難しいポイントはパーツ変更によるブーストの変化です . 予告編ですが、シャシダイナモでの注意点もあります。3分ほどですので気軽に見てください。  本編を見逃さないように、チャンネル登録と   高い評価よろしくお願いいしまーーーす。   、動画を作るモチベーション維持の為に   、よろしくお願いします。 。応援してねー...

ARC インタークーラー

取り付け動画です 吸気温度の低下は馬力の向上だけではなく、エンジンやタービンの寿命にも影響します。言い換えればそんなにアクセル開けて走らない人でも、交換する理由になります。...

FD3S不調 新たなる要因

FD3Sのアイドル不調において最近起こり始めた新たな現象を解決できたのでここに記載しておく。...