..SPACE BATTLESHIP ヤマト ロング予告

執筆者 | 12月 5, 2010 | B級 | コメント0件

あれ??なんだこりゃ?

5分間のロングバージョンで発進シーンをお送りします

発進のときに一瞬周りの岩が空中に浮くよね?
あれは補助エンジンの始動による宇宙で使う重力発生装置の影響だそうだ

ヤマトの船底には宇宙空間で使う重力発生装置があり波動エンジン停止時でも使えるように
補助エンジンで駆動されている、つまり補助エンジンが動けば、重力発生装置も同時に起動するわけだ、
が、、しかし・・・
もともと重力の存在する地表で起動した場合打ち消しあって
周りの空間が一瞬、無重力になるために岩石が宙に浮くんだよ

で・・・・そこで。
唯一例外は第三艦橋室。一般的にはこの第三艦橋室の床の重力を使い使用するがヤマトの潜望活動の時にはヤマトの上下をひっくり返して第三艦橋室を海上に突き出し露出部を極力減らし海上迎撃ができる

このときの重力発生装置はヤマト本体の床面にあるために
上下が逆でも使えるという発想だ

 こんな話・・・初期作品から見てないと知らないような気がする・・(;´Д`)

 ま、どうでもいいことなんだけどね@@;

0コメント

コメントを提出

メールアドレスが公開されることはありません。

More Post

お便りインプレ

6/23 YouTube開始まで

日(s)

:

時間(s)

:

分)

:

(S)

カテゴリー(スクロール可)

EcoCPU

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...

予約カレンダー

FD3S FC3S

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。 https://youtu.be/Y954bBubJqQ

公開することの意味は大きい

https://youtu.be/axE6ocxuSQs エンジン組付け、やり方にはいろいろあるだろう。そしてさらに、今度はこういった作業にもユーザー立ち合いを提案してゆくことになる。  もはや、革命だな  もうこうなると、我々整備士にはごまかしなんてできなくなる。 そもそも、ごまかす気などなければ、一緒に楽しむ気でしかないから...

エンジン載せ替え、終了

走行テストも終わり、もう、今日には完成してます。 私たちの大好きなRX-7の為に出来る事を愛情をもって行います。

前期FC3S エアフロメーター修理

35年、、、12万㎞も超えてくると接点が悪くなりました。そこで禁断の修理を行ったところ目に見えてアイドリングの安定と、アイドラアップの不調を治すことに成功しました 新品に変える事が出来るなら買えたいところですが、無いものは治す。分解と洗浄、調整。...

FC3S 新作情報

ちょうど、、、壊れたんですよ、これが。。...