ロータリーエンジン(RE)の開発を指揮し、世界に先駆けて量産を成功させた元マツダ社長の山本健一(やまもと・けんいち)さんが20日、老衰で死去していたことが分かった。95歳だった。通夜、葬儀は近親者で済ませた。後日、お別れの会を開く予定。

 1922年、熊本県生まれ。旧海軍を経て46年、東洋工業(現マツダ)に入社した。63年、REの実用化を担う研究部長に就いた。ドイツで開発されたが、実用化されていなかったREの欠点を克服して実用化し、「REの父」と呼ばれる。搭載した車を日本や米国でヒットさせた。84年に社長に就任。87年に会長になり、92年に相談役最高顧問になった。

またマツダの三代目社長でである松田恒治さん(関西出身)とREに向き合った朝日新聞さんの記事は小早川さんの了承の元、こちらに多く書き留められている

 REに乗るなら是非もう一度目を通しておいていただきたい

この記事で山本さんの乗っておられるコスモは、コスモを日本一新車に戻せる職人、ガレージスターフィールド星野さんのコスモであることも知っておいてほしい。

昨日の夜、電話した時に小早川さんも松浦さんも健康には気を付けてと言っていただけた、小早川さんも2日ほど前から声が出ずようやく治ってきたけれど声がおかしいというし、松浦さんは”長野のおいしいネギをたんと食べんさい”といわれた。今年の風邪は長引くし全国的だ、ここを読むみなさんにも健康には気を配ってほしいとおもいます。

プロジェクトX 


Category: REの偉人

7 Responses to ロータリーの父、12月20日ご逝去

  1. 吉澤 より:

    山本さんが残してくれた我が銀FDは、私の心の支えであり生きる希望です。
    ありがとうございました。

  2. わたっぺ より:

    突然の訃報にびっくりしました。ご冥福をお祈りします。記念すべきRE50thの年、その最後を見届けるかのごとくこの世を去られたこと。MFFでのパレランで頂いた山本さんローター形のリーフレット大切にします。

  3. でんや より:

    ご冥福をお祈りいたします。
    若かりしころ、ディーラーに行ってFC3Sの注文書に判子を押していたとき、なぜかその店に多くの取り巻きと共に山本会長がおられたのです。
    この若造に、「お買い上げありがとうございます。」と頭を下げてくださいました。1ロータリーエンジンファンとして、山本健一氏のことは存じ上げていたので、本当に感激しました。注文書控えにサインをいただいたのもいい思い出です。
    その時注文したFC3S、まだ乗っています。
    合掌

  4. まろん@青FD より:

    ロータリーエンジンを産み出して、走る喜びを多くの方にあたえてくださった山本氏に感謝です。
    私も若輩ながら、またロータリーの歴史を勉強しなおしたいと思います。ご冥福をお祈り致します。

  5. 店主 より:

    私たちが出来る事はほぼゼロから作ってREの発展に貢献した方の声を聞き、学び、後世に語り継ぎ ”文化を残す” 事と共に、現代のREを継続して維持できる環境の継続にあると思っています。

  6. Asmic より:

    どうしてもお会いしたいお一人でした。
    残念でなりません。

  7. 赤レン より:

    マジっすか・・・業界の人間なのに知らなかった・・・
    ご冥福をお祈りします。
    ロータリー50周年に・・・寂しい気持ちでいっぱいですが、
    ロータリーエンジンを世に送り出してくれてありがとうございました。
    お疲れ様でした。

ご自由にコメントしてくださいね♬

SevenStock2017


Count per Day

  • 4771今日の閲覧数:
  • 4950昨日の閲覧数:

アーカイブ


カテゴリー