9月24日(日)富士スピードウェイにて、ロータリー50周年記念イベント「Racing Rotary Fan Meeting」が開催されます。メディア関連の皆様の後押しで実現するこのイベントのサブタイトルは、「Welcome back, MAZDA 757」。1987年のルマン24時間レースで日本車初の総合7位に入賞したマツダ757 202号車が、およそ30年ぶりに富士スピードウェイを疾走します。REファンの皆さん、この一日だけのチャンスをお見逃しなきように!!

開催概要
開催日  2017年9月24日(日)
開催会場 富士スピードウェイ Aパドック及びレーシングコース  静岡県駿東郡小山町中日向694

イベントコンテンツ
◇ コースコンテンツ
・レーシングロータリー・デモラン
-ウェルカムバック・マツダ757 - マツダ757をはじめ国内屈指のレーシングロータリーマシンが集合
・ロータリー50周年記念パレードラン ロータリー車限定のパレードラン

◇ トークショーイベント
・マツダ757ウェルカムバック・セレモニー
・レーシングロータリー・トークショー
*イベントコンテンツなどは変更になることがあります
*タイムスケジュール等、詳細は公式サイトに順次公開予定です。

マツダ757について
マツダ757は、3ローターエンジン2年目の1987年ルマン24時間レースで総合7位入賞、IMSA GTPクラス優勝を果たしたマシンです。その活躍によって、日本国内でもルマン24時間レースの知名度は急上昇しました。このマツダ757はレストアされて2015年のグッドウッドフェスティバルオブスピードに展示されていたものをスイス人愛好家エディ・タヴェリ氏が見染めて入手。今回、氏のたっての希望で里帰り走行が実現します。


Category: no

ご自由にコメントしてくださいね♬

Count per Day

  • 3394今日の閲覧数:
  • 6312昨日の閲覧数:

アーカイブ


カテゴリー