Category Archives: 冷却装置

ビッグプーリーが確かに作用する

確かに高回転ではキャピテーションを起こすことを防ぎます。  自転車の5段変速と一緒で  駆動されるプーリーは大きくなると回転がおちます。 ただし、アイドリングや3000回転とかのキャピテーション(冷却水の泡立ち)と無縁の …

エアセパレータータンクは純正で! セパタン

みなさん、よくご存じ。セパタンの話です  そう、  アルミに変えて強化だーなんて言ってるアレです 純正セパレータータンクは、水温が上がりすぎて内圧が異常になった緊急時に樹脂のロアタンクが開いてほかの重要な部品に損傷を与え …

この冬場、サーモスタット開きっぱなしになっていませんか?

夏場だけじゃなく冬場に水温が上がってないと、、  温間フィードバックに入らず  結果、圧縮が下がってしまいます。  距離が7万㎞だから大丈夫だとか  3万㎞だから大丈夫という通説は通用しません   だって、15歳ですから …

電動ファン、交換の怪事件

前期にもなると新車から15万kmを超え20万㎞でさえも乗っておられる車です。 ファンの回転数が落ちてきたので、モーターとファンを交換しようとしたところ。。  片方のファンが、ねじが締まりきらず、ぐらつきます。  で、、 …

FD3S アンダーカバー ついていますか?

前期だと2重になっていたアンダーカバーが後期から簡略化され、その分ラジエターの幅の見直し、効率化が図られた 現在アンダーカバーにスポンジが張り付けられてはいるはずが、15年も経つと、はがれたとか既に付いて無い車両も多く、 …

アイフィーリンさんから車を受け取って

こんにちは。 一般ではない冷却方式とエンジンオイルで相談させてもらった神奈川の@@です。 EcoCPUや業務で技術提携されてる横浜のアイフィーリンさんで純正戻しをおこない車を受け取って一週間、100km程走った感想です …

アンダーカバーってついてる?3

そうだ、そこで僕が用意したのはこれだ。前期にはもともと2重構造でついてる部品を切り取って加工し、空気の流れを改善できるのだ。 今回の話は前期に限られてはいるが  このパーツ見覚えがあるだろうか?  もともとは前期の冷却不 …

アンダーカバーってついてる?2(インタークーラーの冷却)

昨日の記述のように今の時代はアンダーフロアまでを考えて作ってる いや、当然考えて作られてるべきなんだよね。  当然、RX-7もそれを意識して作られてる   前から入った風は、どこに行くか?   当然、クロスメンバーやミッ …

アンダーカバーってついてる?

ついてるはず、無いとこまる。  空力的にも、冷却的にも。  。。。。。。。。。 今日ははるか、1200km彼方、青森から点検にこられた。     が!!!   到着時に エンジンルームの熱気で気が付くことがあった。  ア …

ラジエターは、あれほど、、ARCと言ったのに。。。

FD3Sのラジエターは中村屋ではARCが良いと書いたとおりだが 予算もあろうかと、大手アルミラジエターを通販で買ってもってきてもらった が・・・@~@; 非常にアップタンク、ロアタンクが大きい。 どのぐらい大きいかと言う …

6型でも8以下の圧縮?

2010年01月03日 緊急報告  低走行きょりなのに圧縮低下車両2 圧縮が低い関東の6型スピリットRの話をしたことをおぼえてるだろうか? 純正ではない冷却方式で、高級社外オイルを入れ、 走行3万kmほどで圧縮が基準以下 …

Count per Day

  • 6431今日の閲覧数:
  • 5692昨日の閲覧数:

アーカイブ


カテゴリー