Category Archives: ダイアグには出ない故障がある!

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 9 正圧編!前期の修理ポイント2

ソレノイドがボックス化されてない前期は圧倒的に冷却されるので後期に比べてソレノイドが壊れにくい。 前回書いた1型2型ではこのホースが抜けてることが多い。3型ぐらいからは対策としてクリップで止められてる事があり抜けにくくは …

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 6 正圧編!

これまでの通り、バキューム側の制御ではツインターボの切り替えバルブの作動不良になる原因を書いてきた これらの三つのソレノイドが動いてもそもそも負圧タンクに負圧が貯まってなくては切り替わらないことも書いて、その判断方法も書 …

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 5

そう、ダイアグに出なくても故障してるソレノイドボックスはある ソレノイドのコイルの抵抗を見る前に見るべきバキュームの貯蔵や、加圧状態のうちそのツインターボの制御構造上絶対に必要なバキュームが  溜まってないその原因は   …

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 4

前回説明した通り、バキューム作動側のソレノイドは3つあり一つはACVの上にあると書いた。が、あと2つはどこか?というと、これぞ皆さんが知るFD3S後期16Bit車両故障率が多い悪名高きバキュームユニットの中にある。 この …

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 3

先ほどの話で、バキュームチャンバーが便宜上2本配管になってると書いた・・・が、実車両ではトラブルの解決には整備士にとってわかりにくくなってるので理解を深める為に修正しておこう。 整備書に記載してあるのはこういった画像のは …

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 2

ツインターボの制御、前回説明したバキューム回路からの説明をしよう。  バキューム回路は、負圧だ。  ブレーキのマスターバックのようにバキューム(負圧)で作動する  エンジンブレーキやアイドル回転で得られる負圧を利用してバ …

FD3S ツインターボにならない 不良個所の特定 1

FD3Sでツインターボに切り替わらない多くがソレノイドの故障が原因だが、最近はダイアグノーシスコードを使って診断しても不良箇所が見当たらない場合が多くなってきた  今回は不良個所判定のなかの一つ。  バキュームタンクと  …

ツインターボが効かない原因は作業ミス

ツインターボが効いてないという言葉がある。  原因はいろんなパイプ抜けやダイアグに出るソレノイドの故障以外に  作業ミスがあるのを覚えておこう。  よく見ると普通に入ってるけれど同じカプラで間違えても刺さってしまうソケッ …

ソレノイドってなんで壊れる?

基本的に、通電による発熱でコイルが焼け切れます。 FD3Sについてるソレノイドは常時ON状態が多く、距離やエンジンの稼働時間で寿命を迎えます。  使ってない。。じゃなくて、キーONで既に通電してると考えてね。 まったく切 …

ツインターボが効かない!?でもダイアグでも出ない!?

これはみんなで覚えておこうという事例です。 5型、12万kmの車両!ツインターボが効かない!?でもダイアグでも出ない!?  半年前にソレノイドボックスは交換しています。     でも、。 明らかに、ソレノイドが動いてない …

Count per Day

  • 2300今日の閲覧数:
  • 6142昨日の閲覧数:

アーカイブ


カテゴリー