Category Archives: AVCバルブの分解

前期FD3S ソレノイド、ホース、ACV交換

今日は前期のFD3SのACVやコイル、ソレノイドの交換をした   ホースの位置、差込、カプラの色とか書いてるから参考にしてね。 ソレノイドは全部、奥から交換すればスチールホースを外さなくても交換ができる。 めんどうだから …

圧縮が9あってもNGな場合がある!!

確かに圧縮は大事だ。良くも悪くもそれが解れば原因を高確率で推論して結果を出せる プラグの色だけじゃ、どうにもわからないこともある実例だ。    整備士には厳しい中村はいつもスパルタだ  自分で外して、、、 Q オイ、プラ …

追加情報 ACV 原因 中古品としての価値

え?たったこれだけ?という汚れに見えるが・・・ 5型温間再始動不良車両から外したACV。ステムシールから漏れ出した排気ガス、溜まったカーボンが見受けられる。 ここに漏れてる出ているカーボンは洗浄してきれいになる きれいに …

中古のACVは有効ではない理由

中古でも、なかには既に廃棄される状態ですから使えないものもある。ぱっとみ、洗浄したら使えそうでも機能性を失って役にも立たない中古ACVが高騰するのを防ぐために記述しておく必要があります。 これを理解したうえで、入手してほ …

そもそもの、ACV交換に至るきっかけは、メタル触媒だった

なぜ?ACVの交換が今必要か?と至った経緯を客観的に流れを書いておこう ここ数年、後期FDでメタル触媒への交換車両で車検が通らない相談が出てきていた そう、メタルの触媒より純正触媒のほうが抜けは悪いが、その分古くなっても …

Count per Day

  • 4397今日の閲覧数:
  • 6594昨日の閲覧数:

アーカイブ


カテゴリー